タイトル等
千葉に出(い)ずる風雲児
生誕135年 石井林響展
南画の気持ちを以って写実を馳駆せんとし、また馳駆し得て余りあるの才気才筆は、西に関雪あり、東に林響ありと叫ばしめざるを得ない
会場
千葉市美術館
会期
2018-11-23~2019-01-14
休催日
12月3日(月)、12月29日~1月3日
開催時間
10:00~18:00
(金・土曜日は20:00まで)
*入場受付は閉館の30分前まで
観覧料
一般 1200(960)円、大学生 700(560)円
※小・中学生、高校生、障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料 ※( )内は前売り、団体20名以上、市内在住65歳以上の方の料金 ※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(11月11日まで)、ローソンチケット(Lコード:31517)、セブンイレブン(セブンチケット)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて11月22日まで販売(11月23日以降は当日券販売)

割引情報
おなまえ割引 姓が「石井」の方、あるいは名前に「天」「風」「林」「響」がつく方は、観覧料を2割引(団体料金)いたします。
姓名のわかるものを受付でご提示下さい。
ワンドリンクつきチケット 11階レストランかぼちゃわいんでワンドリンクをお楽しみいただけるお得なチケット(観覧料込み1500円)を受付で販売します。(千葉県産落花生などプチおつまみ付き)
※いずれも他の割引とは併用できません。
主催者
千葉市美術館
概要
石井林響(本名 毅三郎1884-1930)という、明治大正の時代を駆け抜けた日本画家がいました。千葉県山武郡土気本郷町(現千葉市)に生まれ、東京で橋本雅邦に入門、はじめは「天風」の名で若くして頭角をあらわし、歴史画から色鮮やかな風景画や田園風俗画へと画風を大きく展開させながら、画壇への刺激や示唆を与え続けた熱血漢でした。「どこの展覧会でも光っていた」と言われる活躍をし、帝展の委員となるなど地位も築きますが、「林響」と号を変えた大正の半ばからは次第に「野に帰る心地」となり、大正15年、郷里に近い千葉の大網宮谷に画房「白閑亭」を築いて移住。新たな画境へ進み始めたところでしたが忽然と、45歳の若さで急逝しました。しかしその才筆と気概は、画人たちや房総の人々にも大きな存在感を遺しています。
本展では新たな資料と視点を交えて画業の全容を回顧、文人画への傾倒を通じて「野人林響」が追い求めた理想の世界を探り、今の時代にこそ見直してみたい、その魅力をあらためて広く紹介します。
イベント情報
講演会
「石井林響と房総の支援者たち」
講師:堀内瑞子(城西国際大学水田美術館学芸員)
12月2日(日)14:00~(13:30開場予定)/11階講堂にて
先着150名/聴講無料

市民美術講座
「林響に惚れ直す―林響の愛したものたちとともに―」
講師:松尾知子(当館上席学芸員)
12月16日(日)14:00~(13:30開場予定)/11階講堂にて
先着150名/聴講無料

ワークショップ
素材であそぶ vol.2「箔」(事前申込制)
金箔・銀箔・銅箔。日本でも古くから使われ、画面を華やかに彩る「箔」素材。その基本的な特徴や技法を体験しながら、「箔」の魅力に触れていきます。
講師:坪田純哉(日本画家)
12月15日(土)13:30~16:30/11階講堂にて
定員15名(対象:中学生以上)/参加費2000円(材料代)
[申込方法]
往復はがきまたは当館ホームページからお申し込みください。往復はがきの場合は、郵便番号・住所・電話番号(当日連絡可能なもの)・参加人数(2名まで)・氏名と年齢(参加者全員分)を明記の上、〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 イベント係まで。
※申込締切 12月5日(水)必着 応募者多数の場合は抽選

ギャラリートーク
担当学芸員による 11月28日(水)14:00~
ボランティアスタッフによる 会期中の毎週水曜日(11月28日を除く)
※水曜日以外の平日の14:00などにも開催することがあります。混雑時には中止する場合があります。

新春の獅子舞
1月5日(土)10:00の開場時には、8階会場入口で獅子舞がお迎えします。
出演:登渡神社登戸神楽囃子連

新春 千葉のうまいもん!市
1月12日(土)11:00~15:00/1階さや堂ホールにて
好評であった千葉の「うまいもん」を集めたイベントの新春バージョン。林響の生きた時代(昭和2年)に竣工したモダン銀行建築の空間で、お食事やお買い物をお楽しみください。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2018/1123/1123.html
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索