タイトル等
Joan Jonas “Simple Things”
会場
ワコウ・ワークス・オブ・アート
会期
2018-11-17~2018-12-26
概要
第34回(2018)京都賞受賞記念展
ワコウ・ワークス・オブ・アートではこの度、2018年11月17日(土)から12月26日(水)まで、アメリカ人女性作家ジョーン・ジョナスによる5年ぶり4回目の個展『Simple Things』を開催いたします。

パフォーマンス・アートとニューメディア表現のパイオニアであるジョナスは本年、4年に1度受賞者を選出する「第34回(2018)京都賞 思想・芸術部門」の受賞が決定しました。ジョナスは1936年にニューヨークに生まれて1960年代に活動を開始して以来、約60年間に渡りパフォーマンス・アートの可能性を追求し続けている女性アーティストです。日本への旅行でポータブルヴィデオカメラ(ポータパック)を購入した事を契機に、1970年代前半から本格的にニューメディアと身体表現との融合を実践していきます。

今回展示するのは、ジョナスの主要な作品の構造と彼女の生涯に渡る関心を伝える、2つの映像作品《Stream or River, Flight or Pattern (Journey)》(2017)、《Beautiful Dog》(2014)と、1つのパフォーマンス記録映像《Reanimation Performance (Milan 2014)》(2014)です。私的な興味の対象物から地政学的状況にいたるまで、広範囲の着想源を彼女にもたらし続ける「旅」、すべての制作の根幹に横たわる、人と世との神秘的な関わりを象徴する「犬」、そして複数の過程と作品とがからみあって生み出される「ライブパフォーマンス」。身体、運動、音楽、女性のアイデンティティー、自然、都市の風景という切り口を頼りに、3つの制作を通じて半世紀以上に渡る作家の創作活動と世界への眼差しを紐解きます。

ジョナスの作品はテクスチュア、光、音、思想など、素材と意味が折り重なって出来る、幾重にも押し寄せる波のような構造を持っています。イメージソースは多岐に渡り、おとぎ話から私的なエッセイ、壮大な神話から辺境の民話にまで及びます。時には自らの過去の作品を引用し、再導入と再解釈を重ねることで組み上げられる複雑な作品の構造は、作家が思う世界の形そのものです。

「私の仕事はすべてレイヤリングにまつわるものです。私達はあるイメージを見て、その上に別のイメージを思い描きます。私の仕事は、世界をみる方法それ自体を表していると思います。」とジョナスは語り、彼女の作品は人間の認識がかたどる世界の姿がどうであるのかを、包括的に探求するものであるといえます。そうした多彩な世界の物語は、仮面や鏡、ヴィデオのスクリーンなどがレイヤー状に絡み合うジョナスの作品を通じて、今を生きる個々人の人生や社会と繋がります。そしてその作品の中心に、パフォーマンスを介して作家という個人的な存在が登場する事によって、私達が世界と関わる様が具体的に現れ、広大な世界を語る抽象性の高い作品が、鑑賞者それぞれにとっての私的なナラティブへと変換されていきます。

11月17日(土)18:00-20:00には、来日する作家を迎えてのレセプションを開催いたします。また京都賞の関連事業として、京都国際会館におきまして11月10日に授賞式、11日には他受賞者と共に記念講演、そして14日にはロームシアター京都にて作家本人による記念ワークショップが催されます。是非この機会にご高覧下さい。

※展示内容は開催前に一部変更となる場合がございます。何卒ご了承下さい。
※展示終了日に変更がございました。既に一部媒体で最終日12月25日(火)と発表されておりますが、展示最終日は記載の通り12月26日(水)に変更されております。
イベント情報
レセプション:2018年11月17日 18時~20時
ホームページ
http://www.wako-art.jp/exhibitions/data/2018/simplethings/index.php
会場住所
〒106-0032
東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F
ホームページ
http://www.wako-art.jp/
東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索