タイトル等
特別展
源氏物語の世界
―王朝の恋物語―
会場
徳川美術館
会期
2018-11-03~2018-12-16
休催日
月曜日・年末年始(2018年12月17日[月]―2019年1月3日[木])
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1400円、高大生700円、小中生500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引 ※土曜日は小中高生入館無料
主催者
徳川美術館、名古屋市蓬左文庫、中日新聞社
協賛・協力等
協力=名古屋市交通局
概要
紫式部によって著された『源氏物語』は、日本の文学史上もっとも重要な作品として尊崇され、各時代を通じ読み継がれ、後世の文学をはじめ、精神・文化面でもさまざまな影響を与えてきました。これと表裏をなすように、原作が成立してさほど時を隔てずに絵画化がはじめられたとみられ、以後現在にいたるまで幾度も繰り返し描き継がれ、「源氏絵」という日本の絵画史上における重要なジャンルを形成してきました。
本展覧会では、国宝「源氏物語絵巻」や河内本の最古写本である蓬左文庫蔵本をはじめ、『源氏物語』の貴重な写本類や平安時代以来の源氏絵の系譜をたどります。
とりわけ、徳川美術館に所蔵される国宝「源氏物語絵巻」は、国庫補助金による文化財の保存修理が行われ、絵十五場面は平成二十七年に完了しましたが、その後も詞書の修復が継続して実施され、これまで八段分の詞書が完成しました。今回は修復が終わった場面と共に、来年度に修理予定の作品を併せて公開します。
イベント情報
「源氏物語の世界」特別対談
「国宝 源氏物語絵巻の修理を通してみえてきたもの」
岡墨光堂修復部長・国宝修理装潢師 大山昭子氏
徳川美術館 学芸部長 四辻秀紀
11/3(土・祝)午後1時30分~3時
定員150名・入館者聴講自由(入館料別途要)

「徳川慶勝の幕末維新」記念講演会
「幕末明治150年を迎えて―幕末尾張藩の描かれ方 大河ドラマ『西郷どん』を例に―」
東京学芸大学副学長 大石 学氏
11/23(金・祝)午後1時30分~3時
定員150名・600円(入館料別途要)

申込方法/往復ハガキまたはFAX・E-Mailで、住所・氏名・年齢・電話番号・FAX番号を記入の上、徳川慶勝展記念講演会係まで。11月6日必着、抽選。(FAX.052-935-9444・E-Mail:taiken@tokugawa.or.jp)

●ギャラリー・トーク
11/9(金)「源氏物語の世界」
11/18(日)・12/5(水)「徳川慶勝の幕末維新」
各午後1時~入館者参加自由(入館料別途要)

●土曜講座
11/10(土)源氏物語の世界
徳川美術館 学芸部長 四辻秀紀
12/1(土)幕末維新と写真術
徳川美術館 学芸員 加藤祥平
各午後1時30分~3時 600円(入館料別途要)
ホームページ
https://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2018/1103-1toku/
会場住所
〒461-0023
愛知県名古屋市東区徳川町1017
交通案内
~電車・バスをご利用の場合~

名古屋駅より

[市営バス]
名古屋駅前2番のりば 基幹2系統 「光ヶ丘」「猪高車庫」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[名鉄バス]
名鉄バスセンター3階 4番のりば 「三軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[JR]
JR中央線「多治見」方面行
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 南出口から徒歩約10分。

[なごや観光ルートバス「メーグル」]
名古屋駅前8番乗り場 名古屋駅発着で平日30分~1時間に1本、
土・日・祝日は20分~30分に1本運行。 (約30分)

栄より

[市営バス]
栄バスターミナル(オアシス21) 3番のりば
基幹2系統 「引山」「四軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[市営地下鉄]
名城線(右回り)
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 3番出口から 徒歩約15分。


~車をご利用の場合~

東名高速 名古屋 IC より

IC 下車後、県道60号(東山通)を名古屋市街に向かって約8km直進、
「今池」交差点を右折約1.3km、「古出来」交差点を左折約0.7km
「徳川美術館南」交差点を右折 (所要時間約30分)

名神高速 一宮 IC より

名古屋高速 16号一宮線→清洲JCT→6号清洲線→1号楠線→「黒川」出口右折 (所要時間約30分)
ホームページ
http://www.tokugawa-art-museum.jp/
愛知県名古屋市東区徳川町1017
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索