タイトル等
峰丘展-カラベラの旅
会場
いわき市立美術館
会期
2018-11-03~2018-12-09
休催日
月曜休館
開催時間
9:30~17:00
(入場は16:30まで)
観覧料
一般 700(560)円、高・高専・大生 300(240)円、小・中生 200(160)円
※( )内は20名以上の団体割引料金/市内在住の65歳以上及び身体障害者手帳等所持の方無料/市内の小・中・高・専修(高等課程)・高専生は土・日無料
主催者
いわき市立美術館
協賛・協力等
協力:いわき市立美術館友の会
概要
1948年いわき市に生まれた峰丘(みね おか)は、磐城高校卒業後画家を志してメキシコに渡り、メキシコ国立自治大学造形学部で学びました。メキシコ滞在は足かけ11年に及びます。1985年に帰国、ふるさといわきにアトリエを構えて今日まで、国内各地、さらには東南アジアや中欧各国など世界各地で指導・滞在制作を行い、個展を開催しています。鮮烈な色彩コントラストと金地背景、及びメキシコ時代に見出して生涯にわたる主題となったカラベラと近年の深海魚は、内外に広く知られる彼の代名詞です。本展は、初期から今日まで50年にわたる峰丘の歩みを、絵画を中心に、オブジェやデッサン・スケッチ類などを加えたおよそ150点を通して、総合的に通観する初めての回顧展となります。
なお本展にあわせて、いわき市小名浜のふくしま海洋科学館「アクアマリンふくしま」において、近年の主要なモチーフでもある深海魚のシリーズを中心に、今回新たにシーラカンスをモティーフにして制作した作品などを加えた「アクアマリン峰丘展-哲学する深海魚」が同時開催されます。
イベント情報
□作家座談会 「峰丘の表現-カラベラから黄金背景まで」
出演:峰丘 聞き手:当館館長 佐々木吉晴
11月17日14時~15時30分/2階企画展場内(聴講には本展チケット半券が必要)

□作家による黄金背景の公開制作とワークショップ-2階企画展場内
①11月11日(日) 14時~15時 ※ワークショップ終了後、会場内にて四家卯大によるチェロ演奏会開催
②11月25日(日)14時~15時 会場/2階企画展示室※参加には本展チケット半券が必要
ホームページ
http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1522563890738/index.html
会場住所
〒970-8026
福島県いわき市平字堂根町4-4
交通案内
■電車
JR常磐線・磐越東線 いわき駅より 徒歩12分

■高速バス
高速バス (東京―いわき線、会津若松・郡山―いわき線、福島―いわき線) 平中町バス停より 徒歩3分

■自動車
常磐・磐越自動車道 いわき中央I.C.より15分
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/002482.html
福島県いわき市平字堂根町4-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索