タイトル等
国立映画アーカイブ開館記念
生誕100年 映画美術監督 木村威夫
思考する映画美術―木村威夫の人と仕事
会場
国立映画アーカイブ
国立映画アーカイブ展示室(7階)
会期
2018-10-16~2019-01-27
休催日
*月曜日、12月24日(月・祝)-2019年1月3日(木)は休室です。
開催時間
午前11時~午後6時30分
(入場は午後6時まで)
*毎月末の金曜日のみ開室時間を午後8時まで延長いたします。(入室は午後7時半まで)
観覧料
一般250円(200円)/大学生130円(60円)/シニア、高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMATパスポートをお持ちの方、国立映画アーカイブ及び東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズは無料
*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*国立映画アーカイブの上映観覧券(観覧後の半券可)をご提示いただくと、1回に限り団体料金が適用されます。
主催者
国立映画アーカイブ
協賛・協力等
特別協力:京都造形芸術大学芸術学部映画学科
協力:日本映画・テレビ美術監督協会
概要
今年生誕100年を迎えた映画美術の巨匠木村威夫(1918-2010)は、1944年のデビュー以来60年以上にわたって第一線で活躍してきました。大手映画会社の大作から若手の自主製作作品まで、劇場公開された長篇だけでも240本を超える作品に参加し、豊田四郎、田坂具隆、鈴木清順、熊井啓、黒木和雄など、個性の異なる名監督たちとの仕事の中で、綿密な考証に裏付けられた大胆な発想力と、リアリズムと幻想の境界を自由に飛び越える柔軟性を発揮して、数々の名作誕生に貢献しました。また、大学や映画教育機関では後進の育成に積極的に携わり、晩年には監督としてもデビューするなど、最後まで旺盛に活動を続けました。
本展覧会では、木村威夫の遺品の多くを保管する京都造形芸術大学芸術学部映画学科のご協力をいただき、本人が描いた図面やデザイン画などの貴重な資料を通じて、美術監督として独自の世界を築き上げた木村威夫の思考の軌跡をたどります。
イベント情報
*トークイベント
12月15日(土)……木村威夫の映画美術の世界
嵩村裕司(京都造形芸術大学芸術学部映画学科准教授)
1月19日(土)……展示品解説
紙屋牧子(国立映画アーカイブ特定研究員)
*詳細は後日ホームページなどでお知らせいたします。

*上映企画
「生誕100年 映画美術監督 木村威夫」
国立映画アーカイブの開館記念上映企画として、「生誕100年 映画美術監督 木村威夫」を開催。幻の美術監督第一作『海の呼ぶ聲』(1945年)を含む20作品を上映。
会期:2018年11月6日(火)~25日(日)
※会期中に木村威夫と仕事を共にした美術デザイナーによる座談会を予定しています。
*詳細は後日プログラム、ホームページなどでお知らせいたします。
ホームページ
http://www.nfaj.go.jp/exhibition/takeokimura/
会場住所
〒104-0031
東京都中央区京橋 3-7-6
交通案内
東京メトロ銀座線京橋駅(出口1)から昭和通り方向へ徒歩1分
都営地下鉄浅草線宝町駅(出口A4)から中央通り方向へ徒歩1分
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅(出口7)より徒歩5分
JR東京駅下車、八重洲南口より徒歩10分
ホームページ
http://www.nfaj.go.jp/
東京都中央区京橋 3-7-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索