タイトル等
言語と美術
―平出隆と美術家たち
会場
DIC川村記念美術館
会期
2018-10-06~2019-01-14
休催日
月曜(ただし10/8、12/24、1/14は開館)、10/9(火)、年末年始12/25(火)~1/1(火・祝)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般1,300円(1,100円)、学生・65歳以上1,100円(900円)、小中学生・高校生600円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
DIC株式会社
協賛・協力等
協力 多摩美術大学、横田茂ギャラリー
後援 千葉県、千葉県教育委員会、佐倉市、佐倉市教育委員会
概要
平出隆(1950~詩人、多摩美術大学教授)は、数々の詩集を世に問うとともに、国際的なベストセラーとなった小説『猫の客』で広く知られています。近年は執筆にとどまらず、本そのもののあり方を探求しながら、最小限の形態による出版物を手がけ、自身の著作にまつわる写真を使ってデザインし印刷するポストカードのプロジェクトも行っています。これらは世界的な美術家たちとの深い対話から生み出された実践といえます。
本展は、平出隆によって立てられたこれまでにない観点から、「言語」と「美術」が鋭く交差するところに生まれる「対話」の多様な形態に注目し、DIC川村記念美術館の収集作家を含む美術家たちについて、作品に関わる言葉や出版物などとともにあらたな光を当てることをめざすものです。
言葉が通常のかたちから離れ、造形性を伴いながら拡散してゆく独自の概念「空中の本」を踏まえた会場構成は、建築家青木淳が担当します。

よく「美術家は言語を使わずに制作する」と言われますが、それは少し単純にすぎる見方ではないでしょうか。卓越した美術家たちは、彼らの選びとる物質や観念の内部から、人類がまだ使わなかった言語を精妙に聴き出してくるからです。しかも、彼らひとりひとりから、それぞれに異なる無二の言語が発せられる。そのような言語を聴き取りたい。そのような言語は、私たちの思考よりさらに先を行き、私たちを豊饒な美と知の世界へと導いてくれるものですから。建築家の青木淳さんが、世界初という「透明梁」を設計して、この言語を展覧会会場の「空中」につかまえて見せてくれます。 平出隆
イベント情報
・トークイベント
①平出隆×青木淳(建築家)
10月13日(土)13:30-15:00
要予約 9月21日(金)受付開始|定員50名|入館料のみ
②平出隆×郡淳一郎(オルタナ編集者)×澤直哉(ロシア文学者)
1月13日(日)13:30-15:00
要予約 11月30日(金)受付開始|定員50名|入館料のみ

・詩の音読とギター演奏
平出隆×伊藤ゴロー(作曲家、ギタリスト)
11月24日(土)閉館後 要予約 10月26日(金)受付開始|料金等未定

・担当学芸員によるギャラリートーク
10/27(土)、11/17(土)14:00-15:00
予約不要|14:00エントランスホール集合|入館料のみ

・ガイドスタッフによる定時ツアー
上記トークイベントとギャラリートーク開催日を除く毎日14:00-15:00
14:00エントランスホール集合

詳細とご予約方法は当館ホームページをご覧ください。
http://kawamura-museum.dic.co.jp
会場住所
〒285-8505
千葉県佐倉市坂戸631
交通案内
車でお越しの場合

東京・箱崎JCTより約50分
成田ICより約30分

東関東自動車道「佐倉IC」国道51号を千葉方面へ進み「坂戸」交差点を左折、県道22号線(八街横芝線)を八街方面へ約700m直進右手<約10分>。
無料駐車場300台。


電車+送迎バスでお越しの場合

東京駅から
JR総武快速線エアポート成田で「佐倉駅」下車 <約60分>
南口のDIC川村記念美術館バス停より無料送迎バス <約20分>
(佐倉駅からタクシー利用の場合は約3000円かかります)

京成上野駅から
京成本線特急または快特の成田方面行きで「京成佐倉駅」下車 <約60分>
南口「シロタカメラ」前より無料送迎バス <約30分>
(京成佐倉駅からタクシー利用の場合は約3500円かかります)

成田空港駅から
京成本線特急または快特で「京成佐倉駅」下車 <約30分>
南口「シロタカメラ」前より無料送迎バス <約30分>
(京成スカイライナー、JR成田エクスプレスは佐倉駅に止まりませんのでご注意ください)


東京駅発着の高速バス

東京駅八重洲北口から徒歩5分、京成バス3番のりばから
「マイタウン・ダイレクトバス」に乗車 <約60分>
ホームページ
http://kawamura-museum.dic.co.jp/
千葉県佐倉市坂戸631
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索