タイトル等
尾張藩邸物語
会場
蓬左文庫
会期
2018-09-09~2018-10-28
休催日
月曜日(但し、月曜が祝日の場合は翌火曜日)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時半まで)
観覧料
一般1,400円・高大生700円・小中生500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※土曜日は小中高生入館無料
前売り限定ペアチケット
販売期間:8/9(木)~9/8(土) 販売金額:2枚2,300円
使用期間:9/9(日)~10/28(日) 販売店:チケットぴあ・全国のコンビニエンスストア
概要
江戸時代、大名家は江戸と国許のそれぞれに複数の屋敷を持つことが多く、特に、御三家筆頭であった尾張徳川家では、江戸の屋敷は市谷上屋敷・麹町中屋敷・戸山下屋敷を中心に屋敷の数や坪数ともに諸大名の中でも最大規模を誇り、国許である名古屋にも名古屋城二之丸御殿と新御殿をはじめ、御下屋敷や大曽根屋敷など多くの屋敷を有していました。本展では、徳川美術館、名古屋市蓬左文庫・徳川林政史研究所の収蔵品を中心に、屋敷を描いた絵図や屋敷で用いられた茶道具や調度品の数々を紹介し、尾張藩邸の姿や藩邸内での生活を探ります。
イベント情報
土曜講座
「尾張藩邸物語」
午後1時30分~3時 有料
9/15(土)原 史彦(徳川美術館 学芸部部長代理)

ギャラリー・トーク
9月24日(月・祝)、10月10日(水)各午後1時~

特別講演会
豊国祭礼図と舟木本洛中洛外図の謎解き
-デジタル画像で細部までクローズアップ!-
9/16(日)午後1時30分~3時
入館者聴講自由(入館料別)
黒田日出男氏(東京大学名誉教授)
ホームページ
http://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2018/0909-2hosa/
会場住所
〒461-0023
愛知県名古屋市東区徳川町1001
交通案内
●基幹バス「徳川園新出来」下車徒歩3分
●メーグル「徳川園・徳川美術館・蓮左文庫」下車
●JR中央線「大曾根駅」下車 南口より徒歩10分
ホームページ
http://housa.city.nagoya.jp/
愛知県名古屋市東区徳川町1001
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索