タイトル等
宮本三郎美術館企画展
宮本三郎の絵画世界
会場
小松市立宮本三郎美術館
会期
2018-09-29~2018-12-09
休催日
[会期中無休]
開催時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般400円、大学生200円(宮本三郎ふるさと館と共通)
※団体20名以上で一般300円、大学生150円 ※高校生以下無料 ※こまつミュージアム・パス対象施設 ※障がい者手帳等お持ちの方と介護者1名は無料
概要
宮本三郎(1905~1974)は、石川県能美郡末佐美村字松崎(現小松市松崎町)出身の洋画家です。17歳で上京後、藤島武二らに師事し油彩画を学び、22歳で二科展初入選を果たします。画家として活動する中で、雑誌の挿絵や戦争記録画も制作。戦後各地で復興の動きが起こると、二紀会創設に尽力します。以降、雑誌の寄稿や著書『少年の画室』の出版など文筆家としても活動の幅を広げました。
逝去する前年に出版された画集の中で宮本は「真の解放感と“生への喜び”が一つになったことを、はっきり認識できるのは、ここ十年位の幾つかの個展の制作においてである」と記しています。晩年には、より鮮やかな色彩を用いて「生きる」という人間の喜びを表現していきました。
本展は、故郷石川県で描いた壁画《日本の四季》、晩年の代表作《レ・トロワ・グラース》を中心に、画業を通覧します。生命の輝きを鮮やかに表現する宮本の絵画世界をご覧ください。
イベント情報
●いしかわ文化の日・音さんぽ 10月21日(日)
芦城公園の周辺施設で無料のミニコンサートを行います♫♪
※県民の方は入館無料。受付で運転免許証など県民であることを証明するものをご提示ください

●学芸員によるギャラリートーク 10月14日(日)/11月18日(日) 14:00~15:00

●美術館で模写に挑戦! 【要申込】 12月1日(土) 9:00~12:00
美術館の中で宮本三郎の作品を模写しよう!
申込期間:11月10日(土)~11月25日(日) 定員:15名(先着順)
参加費:大人400円(入館料) 高校生以下無料

●新・美術館散歩 【要申込】 11月11日(日) 9:00~17:00
市内美術館&七尾美術館「2018イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」を巡るバスツアーです
申込期間:10月22日(月)~11月5日(月) 定員:28名(先着順)
参加費:3,500円(昼食付き)

申込み・問合せ►宮本三郎美術館 電話0761-20-3600 ※詳細はHPをご覧ください
会場住所
〒923-0904
石川県小松市小馬出町5
交通案内
■JR 小松駅より 徒歩15分
■JR 小松駅より 市内巡回バス(北コース)に乗車し、「市役所前」下車
■小松空港より JR小松駅前行きバスに乗車し、「浜田町」下車、徒歩5分
■北陸自動車道 小松I.C.より 車で約10分
ホームページ
http://www.kcm.gr.jp/miyamotosaburo/
石川県小松市小馬出町5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索