タイトル等
Artist in Residence
〇動
会場
国際芸術センター青森
会期
2018-10-27~2018-12-09
休催日
会期中無休
開催時間
10:00~18:00
観覧料
無料
主催者
青森公立大学 国際芸術センター青森[ACAC]
協賛・協力等
協力:アトリエ・フィダルガ、AIRS
助成:平成30年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
概要
私たちが意識するかどうかに関わらず、世界は動きによって成り立ち、変化を続けています。
体を動かしても動かされても、移動した事実は一つの変化といえるでしょう。体内に巡る血液の動態には無自覚ですが、これも明らかな変化です。また、感情を持つとき、その動かされた心は変化しています。さらに、全ての物質を構成する素粒子は常に揺れていることを考えると、自然環境や人工物までも動きに満ち、環境や人の動きが絡まり合って社会は構築され、歴史は紡がれていることがわかります。感動・移動・動機・振動・衝動といった言葉の通り、感じ取れる変化にも、そうでない変化にも動きが発生しているように、動きは変化でもあるのです。
そして、私たちが不思議な現象や未来について知るには、これらの動きを読むことが求められます。解明された意識しやすいものだけでなく、未解決で無意識になりがちな動きも取り込んで想像していけたら、どれだけの可能性が見えてくるでしょうか。
アーティストたちは作品を通して、これらの微細な動きを気づかせ、後に予想以上の大きな変化をもたらすことを教えてくれます。それはときに静かな警告として、豊かな提案として、私たちの心を動かします。このプログラムでは、アーティストと共に全ての物事に存在する動きに耳を澄ますことから始めてみましょう。
イベント情報
山下彩子 からだと風景のダンスワークショップ「稜線日和」
ACACの周りにある景色、建物や山の輪郭や空との境界線などの線をなぞることで
発見される身体のリズムに着目してダンスをつくり、発表します。
(1)ワークショップ「稜線をなぞる」
内容:ACAC内の景色の絵を描くことから、参加者それぞれにダンスをつくります。
日時:9月16日(日)、17日(月祝)、22日(土)、23日(日)、10月20日(土)
各回14:30~16:30
日時:10月21日(日)、11月4日(日)、23日(金祝)、24日(土)、12月1日(土)各回11:00~13:00
(2)ワークショップ「稜線パレード」
内容:自分でつくったダンスに音楽を合わせ、パレード(発表)を行います。
日時:10月21日(日)、11月4日(日)、23日(金祝)、24日(土)、12月1日(土)各回14:30~16:30
会場:国際芸術センター青森、国際交流ハウス他
対象:どなたでも ※(2)への参加は(1)に参加したことのある方のみ
参加料等:参加無料、定員:(1)10名 (2)15名 ※先着順

オープニング・アーティスト・トーク
4組のアーティストがギャラリーツアー形式で自作について語ります。
日時:10月27日(土)14:30-16:00
会場:ラウンジ、ギャラリーA・B
対象:どなたでも
参加料等:申込不要・参加無料

アーティスト・トーク:盛圭太「空のない雲」
哲学者ジャン・リュック・ナンシーの「集積」をキーワードに自身の作品について語ります。
日時:11月10日(土) 14:30-16:00
会場:AVルーム
対象:どなたでも
参加料等:申込不要・参加無料

アーティスト・トーク:ジョリーン・モク「移動性の関心:少しの間その場所を信頼してみる」
自身の映像作品にも関わりのある、旅を続けながら制作する方法について紹介します。
日時:11月17日(土)14:30-16:00
会場:AVルーム
対象:どなたでも
参加料等:申込不要・参加無料
ホームページ
http://www.acac-aomori.jp/air/2018-3/
会場住所
〒030-0134
青森県青森市合子沢字山崎152-6
交通案内
「国際芸術センター青森」にバスでおいでになる場合は、JRバスまたは青森市営バスの「青森公立大学」または「モヤヒルズ」行をご利用ください。
運賃は、青森市中心部から大体500円前後です。

○ JR青森駅から JRバス または 青森市営バスにて 約40分
「モヤヒルズ、青森公立大学行」乗車 「青森公立大学」下車

○ 東北自動車道 青森中央I.Cから 約5km

○ 青森空港から タクシーで約20分
ホームページ
http://www.acac-aomori.jp/
青森県青森市合子沢字山崎152-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索