タイトル等
特別展示
アミちゃんの誕生 西美公二のコンステラシオン
会場
群馬県立近代美術館
会期
2018-09-15~2018-12-17
休催日
月曜日(9/17、24、10/8、11/26、12/10、17を除く)、9/18、25、10/9、11/12~22、12/3~6、12
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般300(240)円、大学・高校生150(120)円
*( )内は20名以上の団体割引料金
*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名、群馬県民の日(10月28日】に観覧される方は無料
主催者
群馬県立近代美術館
協賛・協力等
協力=西美公二展実行委員会
概要
西美公二は1957年(昭和32)広島市に生まれました。80年武蔵野美術大学を中退し、81年渡仏。菅井汲や松谷武判のアシスタントをしながら、制作活動を展開していきます。その後、パリを拠点に、フランス国内で作品を発表し、92年 第24回 カーニュ・シュール・メール国際展 第1位受賞。2000年からフランスと日本各地で定期的に作品を発表していきます。また、その頃から、ノルウェーで見たオーロラに魅せられ、絵画空間における星座(コンステラシオン)を発見し、そして、以前座敷童子のように、西美自身の周りに頻繁に出現していた「アミちゃん」のイメージがこの星座(コンステラシオン)のなかに、絵画の貌として表象していく様を強く認識するようになっていきます。
本展ではこの「アミちゃん」を中心に、可愛さと気持ち悪さ、おふざけとはにかみ、エスプリと小粋さ、原始絵画の形象と宇宙船のような未来的形態が入り交じる、西美公二の世界を紹介します。
イベント情報
作家解説会 「西美公二による西美公二展」
*展示会場、申込不要・要観覧料
9月16日(日)午前11時~

学芸員による作品解説会 *展示会場、申込不要・要観覧料
9月26日(水)、12月8日(土)午後2時~
ホームページ
http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/nishimi.htm
会場住所
〒370-1293
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
交通案内
[自動車]
■ 上信越自動車道の 「藤岡I.C.」高崎方面出口より出て、県道13号線を前橋方面に約10分。
■ 関越自動車道 「高崎玉村スマートI.C.」(ETCのみ)より出て高崎方面に向かい、県道13号線を藤岡方面に約8分。
■ 北関東自動車道 「前橋南I.C.」より県道13号線を藤岡方面に約15分。
■ 県立公園「群馬の森」の大駐車場をご利用ください(無料)。 大型バス複数台駐車可能。(要予約)
*公園閉園後の駐車場の利用はできません。
県立公園「群馬の森」 開園時間: 4月~9月:7時30分~18時30分 / 10月~3月:8時~17時30分

[タクシー]
■ JR 高崎駅東口より 約20分
■ JR 新町駅より 約10分

[電車・バス]
■ JR 高崎線・湘南新宿ライン または 上越・北陸新幹線で 高崎駅下車 (新幹線は東京駅より約60分)。
JR 高崎駅東口より、市内循環バスぐるりん 「群馬の森線」 9系統(約38分)、10系統(約26分)、または「岩鼻線」 15系統(約25分)で、いずれも「群馬の森」下車。(200円)
ホームページ
http://mmag.pref.gunma.jp
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索