タイトル等
息を呑む繊細美
切り絵アート展
会場
しもだて美術館
会期
2018-09-29~2018-12-16
休催日
月曜日(ただし、10月8日(月・祝)は開館し翌日休館)
開催時間
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
一般700円/団体(10人以上)650円/高校生以下無料
板谷波山記念館入場券の半券提示で一般100円、団体50円引き
※身体障害者手帳等をお持ちの方及と付き添いの方1人は入館無料です。
※毎月第3日曜日「家庭の日」(10/21、11/18、12/16)は高校生以下のお子様連れのご家族は入館無料です。
主催者
しもだて美術館
協賛・協力等
◆企画協力
毎日新聞西部本社
概要
切り絵とは、英語で“paper cutout art”といわれ、紙などを切って形造られた作品です。それぞれの風土や歴史名を背景として発展してきたこのアートは、国や地域によって作風や技法が異なり、日本の場合、神事の紙垂(しで)や染型紙などの文化も大きく関係しているといわれています。かつての日本には平面で、白黒、全てがつながったものを切り絵とする原則がありましたが、現在では“平面的でモノクロな絵”を飛び越えて、立体作品もカラー作品も生まれ、技法や表現は多種多様になっています。今回の「切り絵アート展」では、現代日本を代表する11人の作家の作品を、関東で初めて一堂に展覧します。
美しく繊細なレース切り絵をハサミのみで切り出す蒼山日菜(あおやまひな)。舞台美術やコンサート等さまざまなイベントで切り絵を使った演出を務める酒井敦美(さかいあつみ)。草花と曲線でミュシャを思わせる流麗な表現、ロマンチックな作品が特徴的な倪瑞良(にいみずよし)。多くの雑誌、単行本等の表紙や挿絵を手がけ、歴史に取材した作品が多い百鬼丸(ひゃっきまる)など、それぞれの個性豊かな切り絵アートをご紹介します。
イベント情報
■蒼山日菜レース切り絵実演&ギャラリートーク&サイン会
●11月4日(日) 無料
○レース切り絵実演
13:00~13:35(アルテリオ1階集会室)
・当日有効の入館券または、半券をお持ちの方
※当日先着100名様に着席整理券をお配りします

○ギャラリートーク
13:50~14:30(しもだて美術館展示室)
・当日有効の入館券または、半券をお持ちの方

○サイン会
14:45~(アルテリオ1階集会室)
・当日有効の入館券または、半券をお持ちの方
※サインは当日お買い求めいただいた図録等が対象です

■ギャラリーコンサート
●12月9日(日) 14:00~開演 無料
●歌 鈴木初枝
ピアノ伴奏 見目恭江
●曲目「初恋」(越谷達之助作曲/石川啄木作詞)など
※当日有効の入館券または、半券をお持ちの方
会場住所
〒308-0031
茨城県筑西市丙372 しもだて地域交流センター(アルテリオ)3階
交通案内
鉄道
JR水戸線・関東鉄道常総線・真岡鐵道真岡線 下館駅北口から、徒歩8分

自動車
北関東自動車道・桜川筑西インターから 国道50号で 約20分
常磐自動車道・谷和原インターから 国道294号で 約60分
東北自動車道・佐野藤岡インターから 国道50号で 約60分
ホームページ
http://www.shimodate-museum.jp/
茨城県筑西市丙372 しもだて地域交流センター(アルテリオ)3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索