タイトル等
みんなのレオ・レオーニ展
会場
新潟県立万代島美術館
会期
2018-10-06~2018-12-16
休催日
10/15(月)、10/29(月)、11/12(月)、11/26(月)、12/10(月)
開催時間
10:00~18:00
(観覧券の販売は17:30まで)
観覧料
一般1,100円(900円)/大学・高校生900円(700円)/中学生以下無料
※( )内は有料20名様以上の団体料金です。
※障害者手帳、療育手帳をお持ちの方は無料です。
前売券(一般のみ900円)=8月下旬から10月5日まで販売
販売所:県内プレイガイド、インフォメーションセンターえん(メディアシップ1階)、万代島美術館ミュージアムショップなど ◎NIC新潟日報販売店でもお取り寄せができます。
主催者
新潟県立万代島美術館/UX 新潟テレビ21/レオ・レオーニ展新潟展実行委員会/朝日新聞社/新潟日報社
協賛・協力等
[企画協力]Blueandyeyellow,LLC/コスモマーチャンダイズィング/渋谷出版企画
[協力]好学社/あすなろ書房/至光社/新潟県立美術館友の会
[後援]新潟市/新潟市教育委員会/NCV新潟センター/エフエムラジオ新潟/FM PORT 79.0/FM KENTO/ラジオチャット・エフエム新津/ エフエム角田山ぽかぽかラジオ/エフエムしばた/燕三条エフエム放送株式会社
概要
赤い色をしたきょうだいたちの中で、唯一黒い魚の物語『スイミー』。小学校の教科書に掲載され、日本全国で親しまれています。作者のレオ・レオーニ(1910-1999)は、イタリアやアメリカでグラフィックデザイナーとして活躍した後、『あおくんときいろちゃん』で、初めて絵本の世界に足を踏み入れました。ねずみの『フレデリック』や、しゃくとりむしの『ひとあし ひとあし』など、小さな主人公たちが「じぶんとは何か」を模索し、学んでいく物語を、水彩、油彩、コラージュなどさまざまな技法を用いて描きました。本展では、ヨーロッパとアメリカを移動し続けたレオーニの波乱の生涯を、作品と重ね合わせながら紹介します。絵本作家、アート・ディレクターとしての仕事、絵画、彫刻など幅広い活動を紹介し、レオーニが子供の絵本に初めて抽象表現を取り入れるに至った道筋にも光を当てます。
イベント情報
■講演会「レオ・レオーニ 希望の絵本をつくる人」
10月6日(土) 14:00~15:30
講師:松岡希代子(板橋区立美術館副館長)
NICOプラザ会議室にて(朱鷺メッセ内万代島ビル11階)/参加無料/申込み不要(先着80名)
1996年開催の「レオ・レオーニ展」を企画、その後レオーニが亡くなるまで折に触れて交流し、2013年にはレオーニに関する著書も出版された松岡氏に、レオーニの創作と作品の魅力についてお話いただきます。

■絵本の読み聞かせ
10月21日(日)※、10月28日(日)、11月11日(日)、11月25日(日)、12月2日(日)※
各日ともに11:00~11:30頃
展示室にて/要観覧券/申込み不要
※の日はUX新潟テレビ21アナウンサーが読み手を務めます。
協力:ほんぽーと新潟市立中央図書館

■ワークショップ「絵本カバーでエコバッグづくり」
レオーニの絵本カバーを使ってすてきなバッグをつくります。
11月3日(土・祝)、11:00~、13:00~、14:15~(計3回)
美術館ロビーにて/参加無料/要当日申込み(各回先着15名。当日10:00から整理券を配布します)
協力:好学社

■ギャラリー・トーク
学芸員が展示室をまわりながら作品についてお話いたします。
11月17日(土)14:00~14:45
展示室にて/要観覧券/申込不要

■アートとなかよし おしゃべり優先タイム
会期中 毎日10:00~13:00
小さいお子さんが元気にお話ししてもOK!親子で、お友だち同士で、作品の感想を話しながら気軽にご鑑賞ください。
※他の時間帯でお客様同士の会話を制限するものではありません。
※この時間帯は通常より会場内がにぎやかになることが予想されます。

このほか、絵本コーナーや気軽に参加できる工作コーナー、体験型の映像などを展示室やロビーに予定しています。
ホームページ
https://banbi.pref.niigata.lg.jp/exhibition/next/
会場住所
〒950-0078
新潟県新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5F
交通案内
[車でお越しの方]
駐車場のご案内
※美術館では駐車場の無料券はお出ししておりません。
※朱鷺メッセC駐車場は「おもいやり駐車場」となります。

朱鷺メッセ駐車場 (A~E) お問い合わせ:025-255-1039
駐車可能台数 | 約1800台
利用料金 | 入場から1時間無料 1時間経過後30分/100円

万代島ビル内駐車場 (ビル1階及び中2階) お問い合わせ:025-249-1044
駐車可能台数 | 約200台(普通車)
利用料金 | 20分/100円

[バスでお越しの方]
・新潟駅前 (万代口)より
3番線発 朱鷺メッセ経由 佐渡汽船ゆき「朱鷺メッセ」バス停下車 (210円、約15分)

・万代シティバスセンターより
6番線発 朱鷺メッセ経由 佐渡汽船ゆき「朱鷺メッセ」バス停下車 (210円、約10分)

この他、新潟市観光循環バスもご利用いただけます。(1日乗車券のご掲示で観覧料が割引になります。)

[電車でお越しの方]
最寄駅:新潟駅 (上越新幹線、信越本線、白新線、越後線、磐越西線)

新潟駅から
・バス
新潟駅前(万代口)より 3番線発 朱鷺メッセ経由 佐渡汽船ゆき「朱鷺メッセ」バス停下車 (210円、約15分)

・徒歩
新潟駅前より 約25分

・タクシー
新潟駅前より 約5分

[信濃川ウォーターシャトル(水上バス)でお越しの方]
ふるさと村より50分、県庁前より20分です。
詳しくは信濃川ウォーターシャトルホームページをご覧ください。
ホームページ
http://banbi.pref.niigata.lg.jp/
新潟県新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索