タイトル等
生誕110年
田中一村展
会場
佐川美術館
会期
2018-07-14~2018-09-17
概要
田中一村(1908-1977)は幼少期より南画を描き、東京美術学校中退後は、特定の師をもたず独学で画家人生を歩みます。千葉で20年間ひたすら写生に没頭し、新しい創作への道を模索する中で、奄美大島へ渡り亜熱帯の植物や鳥などを題材にした日本画を描きます。しかし、生前それらの作品を発表する機会もなく無名のままこの世を去ります。本展では、生誕110年を迎える孤高の画家・田中一村の幼少期の作品から、新しい画風への模索、そして琳派を彷彿とさせる奄美の情景を描いた作品まで、一村芸術の真髄をご紹介します。
ホームページ
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2018/02/110.html
会場住所
〒520-0102
滋賀県守山市水俣町北川2891
交通案内
【お車ご利用の場合】
●駐車場有70台、美術館入館者は駐車料無料
◆名神栗東ICより 約30分
◆名神京都東ICから、湖西道路真野出口より琵琶湖大橋経由 約30分
◆名神瀬田西ICより 約30分

【鉄道・バスご利用の場合】
◆JR守山駅よりバス約30分「佐川美術館」下車
◆JR堅田駅よりバス約15分「佐川美術館」下車
ホームページ
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/
滋賀県守山市水俣町北川2891
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索