タイトル等
大和文華館の中国・朝鮮絵画
会場
大和文華館
会期
2018-08-24~2018-09-30
休催日
毎週月曜日(ただし、9月17日<祝>・24日<振替休日>は開館し、翌18日・25日<火>が休館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時まで)
観覧料
一般620円 高校・大学生410円 小学・中学生無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
概要
大和文華館では設立以来、東アジア諸国の幅広い古美術作品を蒐集してきました。その中でも中国・朝鮮の絵画コレクションは、両国の長い歴史と文化、風土のもとに醸成された美を通覧できる、充実したものとなっています。
描かれるテーマは、山水画、花鳥画、人物画などがあり、作品のひとつひとつに、その時代の人々に求められ、生み出されたというエピソードがあります。例えば、宮廷を飾るために描かれた画、文人が自らの心情を託した画、そして民衆の売り物として作られた画など、その背景はじつに多彩です。また隣あう両国は、美術においても大いに刺激を与えあってきました。絵画における共通するテーマや表現に、各時代の交流の跡をうかがうことができます。更に両国の絵画は、海を隔てた隣国である日本にも伝わって珍重され、様々な作品が生み出される契機になるのです。
本展観では、かつて室町将軍家の所蔵にあった国宝・李迪(りてき)筆「雪中帰牧(せっちゅうきぼく)図」をはじめ、当館が世界に誇る中国・朝鮮の絵画を一堂に展示します。両国の美の精粋を、作品が生まれた時代の息吹を感じつつ、ぜひご堪能ください。
イベント情報
列品解説 毎週土曜日 午後2時から(当館学芸部による)


特別講演 9月17日(月・祝) 午後2時 講堂
「明清版画から拡がる絵画世界-陳洪綬と蕭雲従の挿絵本をめぐって-」
上智大学名誉教授 小林宏光氏

日曜美術講座 9月9日(日) 午後2時 講堂
「古に倣い、古を想う-中国絵画における倣古図の広がり-」
当館学芸員 都甲さやか

講座 美術の窓 9月2日(日) 午後2時 講堂
連続講座「浮世絵250年の歴史」第1回
「浮世絵の誕生-墨摺筆彩から紅摺絵ヘ」
当館館長 浅野秀剛
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/exhibition/chugokuchosenkaiga.html
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索