タイトル等
平成30年度平松礼二館企画展
月と花の饗宴
会場
町立湯河原美術館
平松礼二 館
会期
2018-10-04~2018-11-26
概要
日本の美しい自然を表す言葉に「雪月花(せつげつか)」という語があります。もともとは、中国の詩人・白居易(はくきょい 772-846)の詩からでたものとされていますが、日本では四季を象徴する言葉として『万葉集』をはじめ、多くの詩歌や文学、絵画等に用いられてきました。
具体的には季節ごとの代表的な風物として「冬の雪、秋の月、春の花(梅・桜)」をいいます。この風流な言葉を聞くと、目の前に情景が浮かんでくるように感じられることでしょう。
特に日本画の中で「月と花」は、伝統美を表現する画題として多くの画家が繰り返し取り上げています。今回の企画展では、日本の美を現代に伝える平松作品にも数多く登場する「月と花」に焦点をあて、風雅な作品を集めて展示いたします。
会場住所
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

JR東海道本線 「湯河原駅」下車
改札を出てすぐの2番バス乗り場から、不動滝、または奥湯河原行きバスで約12分
バス停 「美術館前」下車
(伊豆箱根バス・箱根登山バス)


お車をご利用の場合

東京方面から
西湘バイパス「石橋」インターを降り、国道135号線を伊豆方面へ約20分
「湯河原駅入口」交差点を右折し、道なりに約10分です。
駐車場は美術館の正面玄関から10m進み左折(建物の裏側にあります)

■ 駐車場
駐車場 (15台) 美術館に入館の方は無料
午前9時00分~午後4時30分までご利用できます。
大型バスの駐車場ご利用の際は、事前にご連絡ください。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索