タイトル等
高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.07
つながりかえる夏
会場
高松市美術館
会期
2018-07-27~2018-09-02
休催日
月曜日
開催時間
9:30~19:00
※但し日曜日は17:00閉館/初日7月27日(金)のみ展示室入室は10:15から
※入室は閉館30分前まで
観覧料
一般 800円(640円)、大学生 500円(400円)、高校生以下無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※前売チケットは、高松美術館1階受付、高松市役所生協、ゆめタウン高松サービスカウンター、宮脇書店本店及び南本店にて7月26日(木)まで販売
※身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳所持者は無料
主催者
高松市美術館
協賛・協力等
助成/公益財団法人花王芸術・科学財団
協力/株式会社 流、sonihouse、障害者施設ウィンドヒル
概要
年に一度の現代アートのグループ展「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」。2009年よりスタートし、8回目の開催となる今回のテーマは「つながりかえる夏」です。
今年で開館30周年を迎える高松市美術館。そこで、今一度“開かれた美術館”を意識し、世代を越えた幅広い層にアクセスしてもらえるよう、4人の作家による複数の回路で美術(館)を多方面に“つなげ”“ひらき”“ふりかえり”たいと思います。
まず、藤浩志(1960年生、秋田在住)は、「カエルのキャンペーン」(1994年、ライブ&インスタレーション、高松市美術館エントランスホール)以来、再び高松へ“つながリかえリ”使われなくなったおもちゃによる作品《Jurassic Plastic》(仮称)を展開します。また創造都市・高松が推進する事業「高松市障がい者アートリンク」でアーティストとして障がい者支援施設に通う千葉尚実(1979年生、香川在住)は、“関わる”ことによって意味や価値が生成し、変化していくユニークな作品を提示してくれることでしょう。そして、30年前の8月6日に開館した当館では、この日が原子爆弾が広島に投下された日でもあることから、毎年祝い事と鎮魂が重なり合う日でもあります。そんな中、《戦争のかたち》や《torii》シリーズ等を発表している下道基行(1978年生、愛知在住)の参加は、美術を介した記憶の回路により私たちの心に明かりを灯してくれることでしょう。最後に、山城大督(1983年生、愛知在住)。その演劇的な装いは、声という肉体を伴い、無邪気な戯れの中、切ない感情をも呼び覚ましてくれるでしょう。
なお、会期中の「美術館の日」(8/4)と「かえっこフェスティバル」(8/ 11)では、世代を越えて展覧会を楽しんでいただくよう様々なプログラムを用意してお待ちしております。
イベント情報
※お問合せ・お申し込みは高松市美術館(TEL:087-823-1711)まで

○開展式
7月27日(金) 10:00~10:15/2階展示室前

○アーティスト・トーク
7月28日(土) 10:30~12:00(10:15開場) 出演:下道基行、千葉尚実、山城大督/1階講堂//先着80名/無料
内容:出品作家自身が、創作や今回の展示などについて、トーク、ディスカッションします。

①夏休み!美術館ワークショップ「瀬戸の砂で海を描こう!」 要電話申込/7月3日(火)8:30~
7月21日(土) ①10:00~12:00 ②13:30~15:30 /講師:y工房さとうゆうじ・ゆき/3階講座室
受講料:500円(別途材料費500円) /対象:小学生~中学生/各先着20名

②千葉尚実ワークショップ「おみく神社を作ろう」 要電話申込/7月3日(火) 8:30~
7月22日(日) ①10:00~12:00 ②13:30~15:30
3階講座室/受講料:500円/対象:小学生~中学生/各先着20名

③山城大督ワークショップ「感受性のワークショップ-びじゅつを体でたのしもう! 」
7月29日(日) 10:00~11:30 /3階講座室/受講料:1組500円
対象:3歳~小学2年生とその保護者/先着10組
要電話申込/ 7月3日(火) 8:30~

○ミニコンサート「Midsummer Daydream ~真夏の昼の夢~」
8月4日(土) 14:00~14:30 (13:30~プレイベントあり)/1階講堂/予約不要・無料
演奏:香川大学ウィンド・アンサンブル
演奏曲目:ジュラシックパーク、Under The Sea、くるみ割り人形メドレーほか/協力 香川大学

○友の会スペシャル・イベント「文字で遊ぼう」 要電話申込/ 7月25日(水) 8:30~
8月25日(土) 10:00~12:00 /講師:千葉尚実/3階講座室
受講料:会員無料、 一般500円(別途材料費500円)/ 対象 小学生以上/先着15名(友の会会員優先)

○ギャラリートーク(展示解説)
・学芸員 7月28日(土)、8月18日(土) 各14:00
・ボランティア 会期中の毎日曜日及び祝日の各14:00
2階展示室/要観覧券

美術館の日 8.4
8月4日(土)
展覧会観覧料無料。
ワークショップやミニコンサートなど予定。

高松丸亀町商店街振興組合連携事業
「かえっこ」フェスティバル 8.11
8月11日(土) 13:00~15:00
エントランスホールほか/参加無料
藤浩志発案のいらなくなったオモチャを使った遊びシステム「かえっこ」。 ワークショップに参加して「かえるポイント」を貯めて、欲しいオモチャとかえっこしよう!
いらなくなったオモチャがあれば持ってきてね。
ホームページ
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/event/exhibitions/exhibitions/ex/ex_20180727.html
会場住所
〒760-0027
香川県高松市紺屋町10-4
交通案内
■ 車で
高松中央ICから
県道43号線を北へ約4km、県道155号を西へ約1km、国道11号を北へ約1km 美術館通りへ

高松西ICから
県道178号を北へ約2km、国道11号を東へ約4km、上天神交差点を北に約4km 美術館通りへ

■ 飛行機で
高松空港から
高松空港リムジンバス 「兵庫町」下車 約30分 750円 徒歩約4分

■ 電車で
JR 高松駅から
徒歩約15分 中央通りを南へ

ことでん 片原町駅から
徒歩 片原町商店街、丸亀町商店街を約10分

■ バスで
・JR高松駅から ショッピング・レインボー循環バス西廻り
「紺屋町」下車 150円 徒歩約3分

・JR高松駅から 東方面下り、南方面下りほか(通勤特急など除く)
「紺屋町」下車 150円 徒歩約3分

・JR高松駅から まちバス
「丸亀町参番街」下車 100円 徒歩約3分

・高速バス
「県庁通り」下車 徒歩 約8分 中央通りを北へ

■ 自転車・バイクで
無料地下駐輪場
美術館通り(美術館北側の通路及び、美術館西側の通路) からスロープを下った位置に入口がございます。
ご利用時間は、美術館の開館時間に準じます。
大型二輪でお越しの方は、駐輪場をご利用いただけません。受付までお申し出下さいませ。
ホームページ
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/
香川県高松市紺屋町10-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索