タイトル等
高松市美術館開館30周年記念
音丸耕堂展-華麗なる彫漆世界
会場
高松市美術館
2階展示室
会期
2018-09-15~2018-10-21
休催日
月曜日(但し月曜日が祝日の場合は翌火曜日休館)
開催時間
午前9時30分~午後7時
(但し日曜日は午後5時閉館/入室は閉館30分前まで)
初日9月15日(土曜日)のみ展示室は午前10時15分から。
観覧料
【一般】800円(640円)※65歳以上も一般料金
【大学生】500円(400円)
【高校生以下】無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
※前売チケットは、美術館1階受付、高松市役所生協、ゆめタウン高松サービスカウンター、宮脇書店本店及び南本店にて9月14日(金曜日)まで販売。
主催者
高松市美術館
協賛・協力等
共催:四国新聞社
助成:一般財団法人自治総合センター
概要
「彫漆(ちょうしつ)」とは、器物の表面に漆を幾重にも塗り重ねて層を作り、その上から模様を彫るもので、江戸時代末期の高松で活躍した讃岐漆芸の祖・玉楮象谷(たまかじぞうこく)が中国の技法を研究し、讃岐漆芸の技法として確立しました。音丸耕堂(おとまるこうどう)(1898-1997)は、象谷、石井磬堂(いしいけいどう)ら先人の優れた技術を継承するとともに、豊かな色漆を駆使した大胆な意匠の作品を生み出した、讃岐漆芸を代表する作家です。1955年(昭和30)には「彫漆」技法で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。本展は、高松市美術館開館30周年、そして音丸の生誕120周年を記念し、その仕事を通覧する回顧展です。
音丸耕堂は、1898年(明治31)に高松に生まれ、1910年(明治43)石井磬堂の内弟子として修業、1914年頃独立し、この頃独学で玉楮象谷の彫漆作品を研究しました。1921年(大正10)に彫金家の大須賀喬(おおすがたかし)らと香風会(こうふうかい)を結成し展覧会を開催するなど、漆芸作家として精力的に活動。1932年(昭和7)に第13回帝展に初入選後、入選を繰り返し、1942年(昭和17)第5回新文展で《彫漆月之花手箱》(高松市美術館蔵)が特選となりました。1955年(昭和30)重要無形文化財保持者(彫漆)に認定され、また同年に日本工芸会の創立に参加するなど、日本の工芸界に多大な影響を与えた作家として知られています。
耕堂の最大の特徴は、豊富な色彩表現にあります。もともと漆の色彩は、朱、黒、黄、緑、褐色の五色に限られていましたが、耕堂は新素材のレーキ顔料をいち早く取り入れ、難しい中間色や鮮明な色漆を駆使した作品を制作しました。漆による色彩の表現領域を格段と広げ、その斬新なデザイン感覚により、見る者を魅了し続ける音丸耕堂作品を存分にお楽しみいただける展覧会です。
イベント情報
記念講演会1「弟子たちから見た音丸耕堂」
開催日時:2018年9月15日(土曜日)午後1時30分~午後3時
会場:美術館1階講堂
講師:北岡省三(漆芸家)
入場料:無料
定員:先着80名、事前申込不要
受付方法:30分前より会場にて受付。
希望者は直接会場にお越しください。
※講演内容を字幕表示いたします。(コミュニケーション支援アプリ利用)

記念講演会2「音丸耕堂作品の修復報告と文化財修復の重要性について 」
開催日時:2018年10月7日(日曜日)午後1時30分~午後3時
会場:美術館1階講堂
講師:松本達弥(漆芸家)
入場料:無料
定員:先着80名、事前申込不要
受付方法:30分前より会場にて受付。
希望者は直接会場にお越しください。

アートで遊ぼう!
内容:展示室で鑑賞ツアーを開催!
みんなで作品を見てみましょう!
開催日時:2018年10月6日(土曜日)午前9時30分~午前11時
会場:美術館3階講座室
講師:当館学芸員
参加料:無料
定員:先着15名(要電話予約)
対象:小学生
受付方法:2018年9月16日(日曜日)午前8時30分より電話受付開始
(087-823-1711)

友の会スペシャル・イベント「菓子木型で作る和三盆干菓子ワークショップ」
内容:菓子木型体験教室「豆花」さんと和三盆干菓子をつくりましょう。
開催日時:2018年9月22日(土曜日)午後1時30分~午後3時
会場:美術館中2階ロビー
講師:上原あゆみ(豆花)
対象:友の会会員、一般
参加費:会員500円、一般1,000円
定員:定員20名(要電話予約)
お申込み:友の会会員優先
友の会会員:2018年8月23日(木曜日)午前8時30分より電話受付開始
一般:2018年8月30日(木曜日)午前8時30分より電話受付開始
(087-823-1711))

エントランス・ミニコンサート「Un tableau de laque japonais ~一枚の漆絵から~」内容: 演奏曲目:C.ドビュッシー/映像第2集、クラリネットのための第1狂詩曲 ほか
開催日時:2018年10月6日(土曜日)午後1時30分~午後2時
会場:美術館1階エントランスホール
協力:香川大学
入場料:無料
※希望者は直接会場(美術館1階エントランス)へお越しください。

ギャラリートーク
開催日時:学芸員:10月6日(土曜日)午後2時30分~
ボランティアcivi:会期中の毎日曜日・祝日 午前11時~、午後2時~
※但し、9月30日(日曜日)は午前11時~、午後3時15分~、10月7日(日曜日)は午前11時~のみ。
会場:美術館2階展示室
受講料:無料(但し観覧券は必要です)
ホームページ
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/event/exhibitions/exhibitions/ex/ex_20180922.html
会場住所
〒760-0027
香川県高松市紺屋町10-4
交通案内
■ 車で
高松中央ICから
県道43号線を北へ約4km、県道155号を西へ約1km、国道11号を北へ約1km 美術館通りへ

高松西ICから
県道178号を北へ約2km、国道11号を東へ約4km、上天神交差点を北に約4km 美術館通りへ

■ 飛行機で
高松空港から
高松空港リムジンバス 「兵庫町」下車 約30分 750円 徒歩約4分

■ 電車で
JR 高松駅から
徒歩約15分 中央通りを南へ

ことでん 片原町駅から
徒歩 片原町商店街、丸亀町商店街を約10分

■ バスで
・JR高松駅から ショッピング・レインボー循環バス西廻り
「紺屋町」下車 150円 徒歩約3分

・JR高松駅から 東方面下り、南方面下りほか(通勤特急など除く)
「紺屋町」下車 150円 徒歩約3分

・JR高松駅から まちバス
「丸亀町参番街」下車 100円 徒歩約3分

・高速バス
「県庁通り」下車 徒歩 約8分 中央通りを北へ

■ 自転車・バイクで
無料地下駐輪場
美術館通り(美術館北側の通路及び、美術館西側の通路) からスロープを下った位置に入口がございます。
ご利用時間は、美術館の開館時間に準じます。
大型二輪でお越しの方は、駐輪場をご利用いただけません。受付までお申し出下さいませ。
ホームページ
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/
香川県高松市紺屋町10-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索