タイトル等
マジック・ランタン
光と影の映像史
会場
東京都写真美術館
地下1階展示室
会期
2018-08-14~2018-10-14
休催日
毎週月曜日[ただし、9/17(月・祝)、9/24 (月・振)、10/1(月)、10/8(月・祝)は開館、9/18(火)、9/25(火)、10/9(火)は休館]
開催時間
10:00~18:00
[木・金は20:00まで。ただし、8/16 (木)、17(金)、23(木)、 24(金)、30(木)、31(金)は、サマーナイトミュージアム期間中のため21:00まで開館]
※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般500(400)円/学生400(320)円/中高生・65歳以上250(200)円
※8/16(木)~8/31(金)の木・金曜日18:00~21:00はサマーナイトミュージアム割引
学生・中高生無料/一般・65歳以上は団体料金(各種割引の併用はできません)
※( )は20名以上の団体料金
※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料 ※10/1(月・都民の日)は入場無料
主催者
東京都 東京都写真美術館、日本経済新聞社
協賛・協力等
協 賛|凸版印刷株式会社
概要
近年注目を集める、プロジェクション・マッピングやパブリック・ヴューイングなど、人々がひとつの映像を一緒に見るという行為は、いつ、どのように生まれ、我々の社会に定着するようになったのでしょうか。スクリーンや壁に映像を投影する「プロジェクション」という行為は、映画の発明よりはるか以前に、映写機やプロジェクターの原型にあたる「マジック・ランタン」という装置の発明により世界中に広がりました。本展では映像の歴史を、プロジェクションの歴史という視点から見直し、さらに気鋭のアーティスト・小金沢健人の新作を紹介するなかで、マジック・ランタンの現代性に光を当てることを試みます。
イベント情報
◎アーティストトーク
2018年8月18日(土)14:00~15:00
出演:小金沢健人(出品作家)
定員:50名 会場:東京都写真美術館 2階ロビー ※入場無料・先着順

◎展覧会担当学芸員によるギャラリートーク
会期中の第1・第3金曜日14:00より、および、サマーナイトミュージアム期間中の8月31日(金)18:10より、担当学芸員による展示解説を行います。
展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、地下1階展示室入口にお集ま
リください。

◎「江戸写し絵」社中旗揚げ公演「納涼江戸写し絵の夕べ」
2018年8月24日(金) 19:00~20:00
定員:50名 会場:東京都写真美術館2階ロビー ※入場無料・先着順

◎マジック・ランタンをめぐるレクチャー
2018年9月29日(土)14:30~16:30 [14:00開場予定]
出演:草原真知子(メディア文化論研究者)、松本夏樹(映像文化史家)、岩田託子(中京大学 教授)
定員:190名 会場:東京都写真美術館1階ホール
※当日10時より1階ホール受付にて整理券を配布します。
入場無料、整理番号順入場、自由席。

◎事業はやむを得ない事情で変更することがございます。
あらかじめご了承ください。
ホームページ
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3083.html
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索