タイトル等
近美コレクション
アートギャラリー北海道
北の美術家群像
いま、アートの北海道に出会う。
会場
北海道立近代美術館
会期
2018-07-07~2018-11-11
休催日
月曜日(7/16、9/17、9/24、10/8、11/5を除く)、9/18(火)、9/25(火)、10/9(火)
開催時間
9時30分~17時
(入場は16時30分まで)
7・8月の金曜日は19時30分まで開館。
さらにカルチャーナイトの7/20は21時まで延長。
(いずれも入場は30分前まで)
観覧料
一般510(420)円、高大生250(170)円
( )内は10名以上の団体料金。
※無料になる方/
65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方など。
高校生は毎週土曜日、文化の日(11/3)ならびに学校の教育活動で利用する場合は無料。
道みんの日(7/17)、開館記念日(7/21)はすべての方が無料。
主催者
北海道立近代美術館(アートギャラリー北海道・北海道150年事業)
協賛・協力等
後援:札幌市、札幌市教育委員会
概要
北海道立近代美術館では、1977年の開館以来、「北海道の美術」をコレクションの大きな柱として多様な作品を収集してきました。その数は2,446点にのぼり、全所蔵作品の約半数を占めています(2018年3月末現在)。
このコレクションの制作年代は、北海道の美術が時間的・空間的なひろがりを見せながら展開していった明治から現代にいたる150年にほぼ重なります。本展では、この多様な作品群から、北海道美術史を彩り、大きな存在感を放ってきた美術家たち20名の代表作を展覧します。北海道から生み出された作品をつうじて、150年目のいま、あらためて「アートの北海道」に出会ってみてください。
イベント情報
特別講演会「北海道美術の夢」
講師:酒井忠康氏(世田谷美術館館長)
日時:8月18日(土)14時~(約90分)
会場:当館講堂
定員:230名(聴講無料・予約不要・先着順)

アーティスト・トーク「北の美術家に訊く」
本展で紹介する北の美術家をゲストにお迎えして、ご自身の作品や北海道のアートについて語っていただきます。
実施は芸術週間(11/1~7)を予定。詳細な日時は、HPやSNSでお知らせします。
会場住所
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西17丁目
交通案内
■地下鉄
東西線・西18丁目駅下車。4番出口から 徒歩5分。

■JRバス、中央バス
道立近代美術館バス停下車。徒歩1分。

■お車
お車でお越しの際は、周辺の駐車場をご利用ください。
(長年にわたってご利用いただいた「美術館駐車場」(運営:社団法人北海道美術館協力会)は、2012年7月8日(日)をもって営業を終了しました。)

なお、道立近代美術館をご利用の方は、「ビッグシャイン88 北1条駐車場 (北1条西15丁目)」を割引料金でご利用いただけます。

★ビッグシャイン88 北1条駐車場 北1条西15丁目 (美術館から 徒歩5分)
料金/ 20分 120円 (20分を超える分は 20分につき 120円増し)
・美術館利用者を対象とした割引 / 近代美術館1Fの西側入口付近(公衆電話の横)の押印機、または三岸好太郎美術館展示室受付の押印機で、駐車券に押印すると、駐車場入場から20分無料になります。
・障害者割引 / 精算前に、ビッグシャイン窓口で、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示すると、駐車場入場から1時間無料となります。
*ただし、上記の「美術館利用者を対象とした割引」との併用はできませんので、ご注意ください。
(美術館押印機で駐車券に押印すると、障害者割引の適用ができなくなりますので、ご注意ください。)
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/
会場問合せ先
施設全般について: 011-644-6881
美術全般について: 011-644-6883
展覧会全般、団体観覧について: 011-644-6882
教育サービスについて: 011-644-6884
Fax. 011-644-6885
E-mail: kinbi.gyomu1@pref.hokkaido.lg.jp
テレフォンサービス: 011-612-7000
北海道札幌市中央区北1条西17丁目
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索