タイトル等
ターナー 風景の詩(うた)
会場
郡山市立美術館
企画展示室
会期
2018-07-07~2018-09-09
休催日
毎週月曜日 7月16日(月・祝)は開館 翌日休館
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1200(960)円、高・大学生・65歳以上800(640)円
※( )内は20名以上の団体料金 中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
主催者
郡山市立美術館、毎日新聞社、福島民報社、スコットランド国立美術館群
協賛・協力等
後援/ブリティッシュ・カウンシル
協力/日本航空
協賛/大日本印刷
概要
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)は、イギリスで最も著名な画家であり、風景画の歴史において最も独創的な画家のひとりです。卓越した技法によって、嵐の海景、崇高な山、穏やかな田園風景など、自然の多様な表現を描くとともに、古代の美を呼び覚ます歴史風景にも取り組みました。
本展は、ターナーの画業と芸術の全貌を、イギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐった油彩画・水彩画約70点と版画約110点によってご紹介します。最新の知見をもとにターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫ります。
イベント情報
講演会1
「風の歌声・光の夢―ターナー芸術の眞髄」
講師:高階秀爾氏(大原美術館館長/東京大学名誉教授)
日時:7月16日(月・祝)午後2時~
場所:多目的スタジオ(入場無料)

講演会2
「ターナーが見たもの/ターナーを見たもの―19世紀イギリス社会から考える―」
講師:森正人氏(三重大学教授)
日時:7月21日(土)午後2時~
場所:多目的スタジオ(入場無料)

講演会3
「光は海峡を越えて:ターナーのロマン主義からモネの印象主義へ」
講師:千足伸行氏(広島県立美術館館長/成城大学名誉教授)
日時:8月19日(日)午後2時~
場所:多目的スタジオ(入場無料)

特別上映
「ターナー、光に愛を求めて」
(2014年/150分)
日時:7月28日(土)午後2時~
場所:多目的スタジオ(入場無料)

【美術講座】
1.「ターナーと崇高な風景」
日時:8月26日(日)午後2時~

2「ターナーと絵画技法」
日時:9月8日(土)午後2時~
講師:当館学芸員
場所:講義室(入場無料)

ギャラリートーク
日時:7月22日(日)午後2時~
7月29日(日)午後2時~
講師:当館学芸員
場所:企画展示室(要企画展チケット)
ホームページ
https://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/022-now.html
会場住所
〒963-0666
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
交通案内
郡山駅より 約4キロ

乗用車
・ JR 郡山駅より 約10分
・ 仙台、会津若松、新潟、いわき、水戸方面からは、
磐越自動車道 「郡山東I.C.」より 約20分
・ 白河、宇都宮、東京方面からは、
東北自動車道 「郡山南I.C.」より 約20分

JR線
・ 東北・秋田・山形新幹線、東北本線、磐越東西線、水郡線で郡山駅下車。
・ 東京駅から郡山駅まで 新幹線で約1時間20分です。

バス
・ 郡山駅前バス 5番乗り場より
「美術館経由 東部ニュータウン」行き (所要時間 約10分)
・ 郡山市美術館バス停から美術館までは、歩いてすぐ(約1、2分)です。
※バス時間は変更になることがあります。

福島空港
・ 札幌、大阪(伊丹)から直行便があります。
・ 福島空港からJR郡山駅まで リムジンバス約40分。
ホームページ
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索