タイトル等
コレクションによる小企画
瀧口修造と彼が見つめた作家たち
会場
東京国立近代美術館
ギャラリー4[2階]
会期
2018-06-19~2018-09-24
休催日
月曜日(7月16日、9月17日、9月24日は開館)、7月17日[火]、9月18日[火]
開催時間
10:00~17:00
(金曜・土曜は20:00まで。)
ただし企画展「ゴードン・マッタ=クラーク展」会期中(6月19日-9月17日)の金曜・土曜は、21:00まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般 500(400)円、大学生 250(200)円
*( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
*高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、MOMAT支援サークルパートナー企業、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
*金・土の17:00以降は一般300円、大学生150円
*6月19日-9月17日の期間中、金・土の17:00以降は大学生無料

無料観覧日:
毎月第一日曜日(7月1日、8月5日、9月2日)
主催者
東京国立近代美術館
概要
美術評論家・詩人の瀧口修造(1903-1979)は日本にシュルレアリスムを紹介し、また若手作家を理念的に支援し続けたことで知られています。
当館コレクションより、瀧口自身の作品13点に加え、彼が関心を寄せたエルンストやミロなどシュルレアリスムの画家、北脇昇ら戦前の前衛画家、山口勝弘、福島秀子、大辻清司ら実験工房の作家、赤瀬川原平、荒川修作ら戦後の前衛作家などの作品を展示します。
イベント情報
(会期中、連続ミニレクチャーを開催します。詳しくは美術館ホームページをご覧ください。)
ホームページ
http://www.momat.go.jp/am/exhibition/takiguchi2018/#section1-1
会場住所
〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3-1
交通案内
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 徒歩3分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園3-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索