タイトル等
助手展2018
武蔵野美術大学助手研究発表
会場
武蔵野美術大学美術館
展示室1・2・4・5、アトリウム1・2
会期
2018-11-26~2018-12-18
休催日
日曜日
開催時間
10:00~18:00
(土曜日は17:00閉館)
観覧料
無料
主催者
武蔵野美術大学美術館・図書館
協賛・協力等
企画|助手展2018運営委員会
概要
このたび、武蔵野美術大学美術館・図書館では、「助手展2018 武蔵野美術大学助手研究発表」を開催いたします。
“助手”は、研究室の一員として、授業運営をはじめ様々な学務を担っています。教育・研究の現場で、教員や学生と密接にかかわりあいながら両者をつなぐ、いわば研究室の要です。同時に一人の作家、研究者としての顔を持ち、日々制作や研究に取り組んでいます。本展では助手45名が参加し、美術、デザインの幅広い領域にわたる研究成果を発表します。
本展に参加する16の研究室に所属する助手たちの研究分野は多岐にわたっています。それぞれの領域や背景を持つ助手たちの発表は、異なる分野である美術とデザインが、本学においてどのようなつながりによって成り立っているのかを指し示すことになるでしょう。また、展覧会や会期中に行われるイベントを通してこれらの有機的なつながりを展観し、各々の研究の視座を一堂に会することで、研究の成果として普段は見えることのない様々な領域や境界を立ち現し、新たな視点や考察をもたらす場となると考えています。
1975年から40年以上続く「助手展」は、出品者である助手自身が企画運営に携わることで、展覧会を独創的かつ実験的な場に作り上げてきました。若手表現者たちによる感性溢れる多彩な造形の数々と、その展示空間をどうぞお楽しみください。
イベント情報
〈アーティストトーク〉
毎年恒例のアーティストトークを今年も開催します。
下記日程のほか、複数回開催する予定です。
日時|2018年12月1日[土]時間未定
会場|各展示室を予定
出演|本展参加作家ほか
※入場無料、申込不要(先着順)。直接会場へお越しください。
※詳細が決まり次第、当館webサイトまたは、専用ページ(www.facebook.com/mussabi.energy)にてお知らせします。
ホームページ
https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/12165/
会場住所
〒187-8505
東京都小平市小川町1-736
交通案内
1. JR中央線「国分寺」駅乗換、西武国分寺線「鷹の台」駅下車 徒歩約18分

2. JR中央線「国分寺」駅北口下車徒歩3分、西武バス「国分寺駅北口入口」発、「武蔵野美術大学」下車すぐ (バス所要時間 約20分)

※お車でのご来館は、ご遠慮下さい。
ホームページ
http://mauml.musabi.ac.jp/museum/
東京都小平市小川町1-736
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索