タイトル等
安野光雅のふしぎな絵本展
会場
静岡県立美術館
会期
2018-07-14~2018-09-02
休催日
毎週月曜日*ただし、7月16日(月・祝)は開館、翌17日(火)が休館
開催時間
午前10時~午後5時30分
*展示室への入室は午後5時まで
夜間開館:8月4日(土)11日(土・祝)18日(土)25日は午後7時まで開館 *展示室への入室は午後6時30分まで
観覧料
一般1,000(800)円/70歳以上500(400)円/大学生以下無料
*( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。前売券は7月13日(金)まで販売
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は無料
*収蔵品展・ロダン館も併せてご利用いただけます。
主催者
静岡県立美術館/静岡新聞社・静岡放送
協賛・協力等
特別協賛:清水銀行 特別協力:津和野町立安野光雅美術館 企画協力:アートキッチン
概要
出かけよう、「ふしぎ」の世界!
画家、絵本作家、装丁家など、半世紀以上にわたり多彩な活動を続ける安野光雅(あんの みつまさ)。
「ふしぎ」をテーマとする本展では、想像力にみち、幅広い学識と豊かなユーモアをたたえた絵本原画104点を中心に展示し、安野のあふれるような空想の世界をご紹介します。絵本デビュー作である『ふしぎなえ』をはじめ、『もりのえほん』や『ABCの本』、科学や数学をテーマにした『天動説の絵本』、『かぞえてみよう』などの原画からは、綿密な描写のもたらす美しさのみならず、そこに仕組まれた楽しい仕掛けを発見する喜びを味わうことができるでしょう。安野光雅が創り出す「ふしぎ」の世界に、どうぞお出かけ下さい。
イベント情報
■特別講演会
「安野光雅の世界」
講師:齋藤道夫氏
(津和野町立安野光雅美術館副館長)
日時:8月11日(土・祝)14:00~15:30
会場:当館講堂
申込不要、無料、先着250名様まで

■フロアレクチャー
当館学芸員が展示室にて解説を行います。
日時:7月28日(土)、8月19日(日)
いずれも14:00より30分程度
集合場所:企画第1展示室
申込不要、要観覧料

■特別ワークショップ
つみきワークショップ
「つみきのそのさんとあそぼう!ふしぎのせかい」
講師:つみきのそのさん(つみきアーティスト)
日時:8月4日(土)
1回目10:10~12:40
2回目13:20~15:50
会場:当館実技室
要事前申込、無料、各回25名程度
対象:3歳以上のどなたでも
(小学校3年生以下は保護者と参加してください)

■実技体験講座
会場:当館実技室 他
要事前申込、要参加費[材料費実費と必要な場合の観覧料]、いずれも定員制
[1]実技講座
「水彩画(絵本『かぞえてみよう』をテーマに実施)」
講師:野呂美樹(当館実技室インストラクター)
日時:8月5日(日)10:00~16:00(予定)
対象:中学生以上の個人

[2]わくわくアトリエ
「切り絵(絵本『あいうえおの本』をテーマに実施)」
講師:福井利佐氏(切り絵作家)
日時:8月26日(日)10:00~16:00(予定)
対象:小学生から大人まで
(小学校3年生以下は保護者と参加してください)

[3]未就学児向けワークショップ
「トンガリ帽子をかぶって展覧会に行こう!」
講師:丸山成美(当館実技室インストラクター)
日時:8月25日(土)
対象:小学校就学前のお子さま
(保護者と参加してください)
*特別ワークショップ、実技体験講座のタイトルは仮です。
*申込み方法など、詳しくは約1ヵ月前頃から、美術館ウェブサイトおよび館内配架チラシでお知らせします。
ホームページ
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/47
会場住所
〒422-8002
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
交通案内
●JR「草薙駅」から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分(料金100円・20~30分間隔)
●JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、または北口から静鉄バスで約30分
●JR「東静岡駅」南口からタクシーで約15分、または静鉄バスで約20分
●静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分、または静鉄バスで約3分
●東名高速道路・静岡IC、清水IC、又は新東名高速道路・新静岡ICから車で約25分
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
会場問合せ先
◎教務課Tel.054-263-5755 ◎学芸課Tel.054-263-5857 ◎テレフォン・サービスTel.054-262-3737
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索