タイトル等
村上隆のコレクションとキュレーションによる展覧会
バブルラップ 「もの派」があって、その後のアートムーブメントはいきなり「スーパーフラット」になっちゃうのだが、その間、つまりバブルの頃って、まだネーミングされてなくて、其処を「バブルラップ」って呼称するといろいろしっくりくると思います。特に陶芸の世界も合体するとわかりやすいので、その辺を村上隆のコレクションを展示したりして考察します。
会場
熊本市現代美術館
会期
2018-12-15~2019-03-03
休催日
火曜日、年末年始[12月29日(土)-1月3日(木)]
開催時間
10:00~20:00
(展覧会入場は19:30まで)
観覧料
一般 ¥1000(¥800)
シニア(65歳以上) ¥800(¥600)
学生(高校生以上) ¥500(¥400)
中学生以下 無料
*( )の料金は前売および団体料金。各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等。付き添い者1名にも適用)、電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証を提示の方に適用。 *美術館友の会証を提示の場合は、1展覧会につき1回無料。
主催者
熊本市現代美術館[熊本市・公益財団法人熊本市美術文化振興財団]、KAB熊本朝日放送、熊本日日新聞社
協賛・協力等
協力:熊本パルコ、有限会社カイカイキキ
後援:熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県文化協会、熊本県美術家連盟、熊本国際観光コンベンション協会、J:COM、NHK熊本放送局、エフエム熊本、FM791
概要
世界的に活躍する現代美術家村上隆が、自身のコレクションをもとに展覧会を企画します。本展は、バブル経済期を中心とするアートムーブメントを軸に、1990年以降の陶芸芸術を合わせて俯瞰することで、日本の戦後の現代美術を捉えなおそうという非常に意欲的な試みです。

本展について、村上はこのように語ります。
「これは、戦後の現代美術を新しい視点で解釈しようという野心的な展覧会です。どう野心的か?というと、『もの派』や『スーパーフラット』といった命名済みのムーブメントとまだ命名されていない表現達をお団子のように串刺しにすることで、大きな物語の形をあぶり出そうという企画であり、また、1990年以降の『失われた20年』の『デフレと低成長経済』の日本国内に起きた陶芸芸術の一部的な発酵熟成の原因究明を、バブル経済真っ盛りの頃の日本のアートと相対化させて、日本人の美意識の核心部を浮き彫りにしよう、という部分が斬新と言えるからです。その全体像を包括する言葉として『バブルラップ』、つまりビニール製の梱包材の固有名詞を使うことで、まさに丁寧に梱包して、別の場所へ整理し直そう、という企画なのです。」

まさにそれ自身がバブル(泡)のように次々と湧き出ていた、バブル経済期を中心とする時代の数々のムーブメントたち、それらに対し村上は、「バブルラップ」*という新たなアートのキーワードを創出しました。そして現代陶芸との関係も合わせて考察しようというところが、村上ならではのユニークな視点です。
かつての「スーパーフラット」がアート界に衝撃的な一石として投じられたように、「バブルラップ」もまた、大きな波紋を巻き起こすに違いありません。本展は、コレクター、キュレーターとしての村上の仕事と、常に「芸術とは何か?」という疑問に立ち向かう村上の最新のアイデアに触れられる機会となるでしょう。

*バブルラップ(Bubblewrap)とは本来、割れ物などを包むための、ビニール製の気泡緩衝材を指します。
イベント情報
●オープニング・トーク
本展を企画した村上隆が、企画の意図や新たなキーワード「バブルラップ」についてお話します。
[講師]村上隆(現代美術家、本展企画者)
[日時]12月15日(土)14:00~16:00
[会場]ホームギャラリー

●日比野克彦 公開制作
「DEPARTMENT STREET PAINTING」
本展出品作家であり、80年代に時代の寵児となった日比野克彦。熊本の商店街にてライブイベントを行います。
[日時]12月16日(日)11:00~14:00
[会場]パルコ下通側店頭

●プレママ&ファミリー・ツアー
0-6歳の子どもと大人、または妊娠中の方と家族や友人のみなさんと一緒に展覧会を楽しむツアーです。
[日時]2019年1月19日(土)10:30~11:10
[会場]展覧会会場内 *要展覧会チケット
[定員]7組(事前申込制)

●講演会
「昭和の美術から平成のアートへ(仮)」
[講師]椹木野衣(美術評論家)
[日時]2019年1月26日(土)15:00~16:30
[会場]ホームギャラリー

●ワークショップ
「大谷工作室とみんなの工作室@熊本」
自分の顔、身近な人の顔、あこがれの人の顔…。
「誰かの顔」を粘土で作ってみよう!
[講師]大谷工作室(本展出品作家)
[日時]2019年1月13日(日)13:00~15:00
[会場]キッズファクトリー
[定員]20名(事前申込制)
[対象]3歳~大人
*未就学児と小学校低学年のお子様には保護者の付き添いが必要です。
[参加費]500円
★作品は乾燥・焼成しますので、約1か月後のお渡しとなります。

●ギャラリートーク
当館学芸員と一緒に展覧会をめぐるツアー。
[日時]2019年1月27日、2月3日、2月17日いずれも日曜日、15:00~15:30
[会場]展覧会会場内 *要展覧会チケット

*各イベントの詳細は、当館ウェブサイトをご覧ください。
お問い合わせ・お申し込み[Tel.]096-278-7500
ホームページ
https://www.camk.jp/exhibition/bubblewrap/
会場住所
〒860-0845
熊本県熊本市中央区上通町2-3
交通案内
・美術館入口(びぷれす熊日会館3階)までは、通町筋電停又はバス停から徒歩1分です。電車通り側歩道から、エスカレーター又はエレベーターをご利用ください。
・「びぷれす熊日会館」の駐車場(有料)は、数に限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

JR線をご利用の場合
・熊本駅から 市電またはバスで15分、通町筋下車
・新水前寺駅から 市電またはバスで10分、通町筋下車

航空機をご利用の場合
・熊本空港から 空港バスで40分、通町筋下車

高速自動車道をご利用の場合
・熊本インターから 車又は高速バスで30分、通町筋下車
ホームページ
https://www.camk.jp/
熊本県熊本市中央区上通町2-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索