タイトル等
いわさきちひろ生誕100年
Life展 着るをたのしむ
spoken words project【コレボレーション作家】
いわさきちひろが大切に描いたもの―「Life」
いわさきちひろの生誕一〇〇年にあたる二〇一八年、いわさきちひろと、さまざまな分野で活躍する七組の作家が「Life」をテーマにコラボレートします。
会場
ちひろ美術館・東京
会期
2018-05-19~2018-07-22
休催日
月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は閉館の三十分前まで)
観覧料
大人八〇〇円/高校生以下無料
Life展パスポート
すべての「Life展」に入館できるパスポート一〇〇〇円
販売場所:ちひろ美術館(東京・安曇野)
主催者
ちひろ美術館
協賛・協力等
特別協賛:株式会社ジャクエツ
協賛:株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン
協力:学校法人文化学園 文化服装学院
概要
展覧会の見どころ
〈ちひろのセンス〉
手づくりしたパフスリーブのワンピース、シックなオーダーメードのスーツ……ちひろの服には、一時の流行に惑わされない独特のモダンさと、さりげない上品さがあります。水彩画やスケッチとともに、愛用の服も展示し、その絵と服からちひろのセンスを探ります。
〈水彩の技と、染色の技〉
ちひろの水彩画の色彩がみずみずしいのは「やめどき」が絶妙だからだと、飛田正浩はいいます。色がにじんで混ざり合うのをどこで止めるかは、布を染めるテキスタイルの表現にも通じます。ちひろの水彩画からインスピレーションを受け、spoken words projectが新たなテキスタイルを生み出します。
〈現代版ちひろファッション〉
かわいいだけでない、強さを秘めた「いい女」。spoken words projectがとらえたいいわさきちひろの姿を、ファッションで表現します。あなたも現代版のちひろの服を着てみませんか。
イベント情報
関連イベント
〈spoken words projectによるワークショップ〉
【日時】六月二十三日(土)午後一時~午後四時【対象】小学生以上(ひとりで針と糸を使える方)【定員】十五名【参加費】二二〇〇円(入館料別)【要事前申込】五月二十三日受付開始(電話・WEBサイト)

〈ギャラリートーク〉
【日時】毎月第一・第三土曜日 午後二時~
ホームページ
https://100.chihiro.jp/exhibitions/life/8
会場住所
〒177-0042
東京都練馬区下石神井4-7-2
交通案内
電車の場合

・西武新宿線上井草駅下車徒歩7分
・JR中央線荻窪駅より西武バス石神井公園駅行き(荻14)「上井草駅入口」下車徒歩5分
・西武池袋線石神井公園駅より西武バス荻窪駅行き(荻14)「上井草駅入口」下車徒歩5分
ホームページ
http://www.chihiro.jp/tokyo/
会場問合せ先
テレフォンガイド:03-3995-3001
東京都練馬区下石神井4-7-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索