タイトル等
連作の小宇宙
ピカソの肖像画から大日本魚類画集まで
会場
姫路市立美術館
企画展示室
会期
2018-04-07~2018-06-24
前期:4月7日(土)~5月20日(日)
後期:5月22日(火)~6月24日(日)
休催日
月曜日(ただし4月30日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般600(400)円 大学・高校生400(300)円
中学・小学生100(50)円
※( )内は20人以上の団体料金
※同展入場券で常設展示室もご覧いただけます。
※療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または身体障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名については、手帳を提示いただくことにより、常設展は免除、企画展は半額で観覧いただけます
無料観覧日:5月18日(金)「国際博物館の日」
主催者
姫路市立美術館
概要
美術作品には、複数の作品で成り立つものがあります。類似した複数のモティーフをあつかい、もともと一組で構成することが前提の作品もあれば、最初は単独の作品であったのがシリーズ化されるものなど、成り立ちはさまざまです。また、連作の内容も、同じモティーフを異なる方法で捉えたもの、同じ技法を追求したもの、同種のモティーフを集めたものなどバラエティに富んでいます。これらの連作はそれぞれがひとつの世界を形成しており、一枚ずつでも成立するものの、まとめて見ることで、より理解が深まると考えられます。姫路市立美術館にもそのような作品が数多くありますが、場所的な制約もあり、一堂に会する機会は多くありません。このたびの企画展では、そうした作品約450点を一堂に集め、前後期に分けて展示いたします。
イベント情報
●子どもギャラリーツアー
4月21日(土)
参加方法:各回先着20人
会場:企画展示室(企画展の観覧券が必要、当日に限り半券可)
対象と時間:小学校1~3年生と保護者 午前10時30分から
小学生4~6年生と保護者 午後2時から

●ギャラリートーク(「国際博物館の日」記念事業)
5月18日(金)、5月19日(土)午後2時から
場所:企画展示室
参加方法:参加方法:先着20人
(午後1時30分に展示室前にて整理券配布、19日は企画展の観覧券が必要、当日に限り半券可)

●解説会
5月27日(日)
会場:美術館2階講堂
午後2時から(開場は午後1時30分)
先着順 定員100人 入場無料
ホームページ
http://www.city.himeji.lg.jp/art/exhibitions.html
会場住所
〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-25
交通案内
JR・山陽電車 姫路駅より、神姫バス ⑦または⑧乗り場から [3] [4] [5] [61] [62] [64] [81] [82] [84] [86] 乗車約8分、「姫山公園南・医療センター・美術館前」下車すぐ。
姫路駅より 徒歩約20分 (姫路城東隣)。
※美術館には駐車場がありませんので近隣の駐車場(有料)をご利用ください。
※上記路線バスのほか、姫路城ループバスも停車します (停留所は「美術館前」)
ホームページ
http://www.city.himeji.lg.jp/art/
兵庫県姫路市本町68-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索