タイトル等
金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋
会場
刈谷市美術館 全館
会期
2018-09-15~2018-11-04
休催日
月曜日(9月17日、24日、10月8日は開館)、9月18日(火曜)、25日(火曜)、10月9日(火曜)
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般900円(700円)、学生700円(500円)、中学生以下は無料
・( )内は前売及び20名以上の団体料金
・前売券は刈谷市美術館、刈谷駅前観光案内所、刈谷市総合文化センター、高浜市やきものの里かわら美術館、チケットぴあ(Pコード:769-216)の取扱いのあるコンビニ等で9月14日(金曜)まで販売
・身体障害者、精神障害者保健福祉、療育の各手帳所持者及び付添いの方(1名)は入場無料。入場の際に手帳をご提示ください。
主催者
刈谷市美術館、NHKプラネット中部
協賛・協力等
【協賛】ターナー色彩株式会社
【出品協力】株式会社 そごう・西武
【後援】愛知県教育委員会
概要
金魚の持つ神秘性に魅了され、創作を続ける深堀隆介(1973年愛知県名古屋市生まれ、横浜市在住)。深堀は透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという独自の斬新な手法で注目を集める若手の現代美術家です。

1995年愛知県立芸術大学を卒業した深堀は、名古屋のディスプレイ会社に勤務するも1999年に退職、本格的に創作活動を開始し、絵画と立体を並行してさまざまな作品を制作します。
しかし、次第に自分が何をすべきかを悩み、自信を失いかけていた頃、金魚を描くきっかけとなった転機が訪れます。それは7年間放置していた水槽で生き続ける金魚の存在に気づき、その美しさに衝動を覚えたこと、金魚に救われたというこの出来事を「金魚救い」と呼び、その後、金魚に自分を重ね、表現を追究してきました。

極めて独創的な深堀の技法は、器の中に樹脂を流し込み、その表面にアクリル絵具で金魚を少しずつ部分的に描いていき、さらにその上から樹脂を重ねます。その作業を繰り返すことにより、絵が重なり合い、まるで生きているかのような金魚が表現され、圧倒的な立体感をもって観るものに迫ります。
その生き生きとしたリアリティは平面である絵画作品と立体作品の境界に揺さぶりをかける革命的絵画と言えるでしょう。こうした一連の金魚作品によって、国内はもとより今や世界的に高い評価を受けています。また、近年ではライブペインティングやインスタレーションにも力を入れ、ますます表現の幅を広げています。

本展では、初期の立体作品から初公開となる新作インスタレーション《平成しんちう屋》を含む代表作約200点により、深堀隆介の世界を紹介する本格的な個展となります。絵画でありながら立体的な躍動感にあふれ、不思議な美しさを湛えた深堀金魚を存分に愛で、お楽しみください。
イベント情報
1ライブペインティング
【日時】9月15日(土曜)午後2時から1時間程度
【会場】刈谷市中央図書館(美術館となり)3階大会議室
【定員】190名(要整理券)
【参加費】無料
・整理券午後0時30分から美術館で配布(先着順)
・午後1時30分から開場
・終了後、参加者は入場券(半券)の提示で美術館に再入場可(当日に限ります)

2ワークショップ「ジェルキャンドルに金魚を泳がせよう!」
【日時】9月16日(日曜)午前10時00分から午後0時30分
【講師】深堀隆介さん
【会場】研修室
【対象】小・中学生とその保護者
【定員】12組24名
【参加費】1人200円
・往復ハガキによる事前申込 9月7日(金曜)必着

3深堀隆介さんとまわる、「展覧会鑑賞」+「弥富金魚の市場見学」バスツアー
作家トークによる展覧会鑑賞後、弥富市広報大使を務める深堀さんと一緒に弥富金魚の競(日本市場)を見学します。
【日時】10月12日(金曜)午前9時00分から午後4時00分
【会場】美術館、弥富市内
【対象】18歳以上
【定員】32名
【参加費】1,500円(昼食代、呈茶代込)
・往復ハガキによる事前申込 10月2日(火曜)必着

2、3の申込方法
往復はがきのに以下の内容を記入のうえお申込みください。
「往信用裏面」
1.イベント名
2.参加者氏名・ふりがな(参加希望のすべての方のお名前をご記入下さい)
3.住所
4.電話番号を

「返信用表面」
1.郵便番号
2.住所
3.氏名(※複数名ご希望の場合は代表者のみ)
【申込先】〒448-0852 刈谷市住吉町4-5 刈谷市美術館
・定員を超えた場合は抽選とし、結果をお知らせします。

4作家によるスペシャルトーク
深堀さんが展示室をまわって、自作を語ります。
【日時】10月13日(土曜)午前10時30分から午後0時00分
・当日受付、参加無料(高校生以上は要展覧会チケット)

公開制作
新作インスタレーション《平成しんちう屋》を展示室で公開制作します。
【日時】10月13日(土曜)午後2時から2時間程度
・当日受付、参加無料(高校生以上は要展覧会チケット)

5体育の日(10月8日)は刈美で過ごそう
親子無料デー!
中学生以下のお子様1名につき保護者2名が本展に無料で入場できます。
だれでも参加できる、ワークショップ「金魚水墨館―金魚を描いて泳がせよう!」
【時間】午前10時30分から午後3時00分
【会場】1階ロビー
【参加費】無料
・当日随時受付
・親子参加大歓迎

7 大人のナイト☆ミュージアム
昼間とは印象が異なる夜の美術館。照明の映え方も違って見えます。秋の夜長、美術館でゆっくりお過ごし下さい。
【日時】11月3日(土曜) 夜間延長、閉館午後8時
・高校生以上は要展覧会チケット
ホームページ
https://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/hukahoriryusuketen.html
会場住所
〒448-0852
愛知県刈谷市住吉町4-5
交通案内
[電車]

JR東海道本線・名鉄三河線「刈谷駅」下車、南口から徒歩約10分

JR (東海道本線)
・ 名古屋駅から刈谷駅まで、快速で約20分
・ 豊橋駅から刈谷駅まで、快速で約35分

名鉄 (三河線)
・ 知立駅から刈谷駅まで6分

刈谷駅から美術館まで、または、美術館から刈谷駅までは、刈谷市の公共施設連絡バス(無料)もご利用いただけます(約5分)。


[車]

国道23号 (知立バイパス)
・ 名古屋方面から
「一ツ木IC」から約5km(約15分)。
「一ツ木IC」より築地町2丁目信号(右折)、道なりに直進。
・ 豊橋方面から
「野田IC」から約3km(約10分)。
「野田IC」より松栄町東信号(左折)、半城土町信号(右折)、下重原町信号(左折)、道なりに直進。

伊勢湾岸自動車道
・ 静岡方面から
「豊田南IC」から約10km、衣浦豊田道路(有料)経由で約20分。
伊勢湾岸自動車道「豊田南IC」(左折)、国道155号、衣浦豊田道路(有料)「生駒IC」、国道419号(左側の側道を上がり、県道48号線へ)、松栄町信号(右折)、半城土町信号(右折)、下重原町信号(左折)、約1km道なりに直進。
ホームページ
http://www.city.kariya.lg.jp/museum/
愛知県刈谷市住吉町4-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索