タイトル等
信仰と美の出会い
棟方志功の福光時代展
会場
釧路市立美術館
会期
2018-07-07~2018-08-26
7/16特別開館
観覧料
一般1100円 高大生600円 中学生300円 小学生以下無料(要保護者同伴)
概要
著名な版画家の一人である棟方志功(1903-1975)。戦時疎開のため6年8ヶ月を過ごした富山県福光町(現南砺市)には、現在も多くの作品が大切に保管されています。
本展は、棟方の制作活動の中で最も充実した福光時代にスポットをあてました。名前が知られるきっかけとなった「女人観世音板画巻」などの板画(はんが)をはじめ、倭画や書、資料的な書簡などを紹介します。
会場住所
〒085-0836
北海道釧路市幣舞町4-28
交通案内
●徒歩の場合
JR釧路駅から 徒歩20分 (1.6km)
●タクシーご利用の場合
JR釧路駅から タクシーで 約5分
●バス利用の場合
くしろバス停留所「釧路三慈会病院」下車 徒歩1分
●釧路空港からバスご利用の場合
空港前停留所から バス約45分、MOOバスターミナル下車 徒歩5分

※地球環境保全のため、公共交通機関のご利用にご協力下さい。
ホームページ
http://www.pekita.net/
会場問合せ先
0154-42-6116
北海道釧路市幣舞町4-28
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索