タイトル等
奈良美智
「Sixteen springs and sixteen summers gone—Take your time, it won't be long now」
会場
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
会期
2018-07-07~2018-08-10
概要
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、7月7日(土)から8月10日(金)まで、奈良美智個展「Sixteen springs and sixteen summers gone―Take your time, it won't be long now」を開催いたします。奈良は作家を志す以前の10代の頃から、感性の赴くままに写真を撮りためてきました。タカ・イシイギャラリーで初めての個展となる本展では、2014年から約5年間に亘り撮影された写真群より、計約200点を展示いたします。

大学を卒業して、これからもずっと絵を描いていくのだと思った頃。
ひとりでドイツに渡って、なんだか心細かった頃。
ポツンとひとりぼっちになったように感じたあの頃。
僕はまたあの懐かしいカメラを手にしていた。
中学の時に手に入れた、あのカメラを手にしていた。
(……)
ひとりでいることが、自分にカメラを持たせるのだ。

奈良美智、2017年
「Will the Circle Be Unbroken」展に寄せたステートメントより抜粋

作品としての発表を前提とせず、見過ごされてしまうような風景や生命の価値を心に留めるように写真に収めることは、奈良にとって自身の感性を記録し鍛錬する行為であり続けました。それら記録と記憶の集積は、制作における深い内省と対話に寄り添うように、巡る季節の中に点在する無数の瞬間を捉えています。様々な風土、音楽、生命、歴史、風景、人々を撮影した写真群には、作家が走り続けてきた軌跡とその視線が無垢なイメージとして表出しています。

フィルムからデジタル、そしてiPhoneへ、折々の自身にとって最も身近なカメラで直感的に撮影された被写体は、各々が常に等価に扱われ、無意識のうちに繋がり合い、独特の世界観を提示しています。そこに通底する、戻ろうとしても戻れない時間の後ろに広がる記憶としての原風景、幼年期特有の自我の在り方や個人的な世界への憧憬は、培われた感性を通じ、やがて新たな故郷を探す旅へと繋がっていきます。奈良の眼差しは、個人の経験が時を、場所を遡り、世界のより根源的な在り方へと個を円環させてゆく様を見つめているようです。
イベント情報
オープニング・レセプション: 7月7日(土) 18:00 - 20:00
ホームページ
http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/18518/
会場住所
〒106-0032
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
交通案内
日比谷線・大江戸線「六本木駅」3番出口より 徒歩8分
南北線「六本木一丁目駅」1番出口より 徒歩8分
大江戸線「麻布十番駅」7番出口より 徒歩8分
ホームページ
http://www.takaishiigallery.com/
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索