タイトル等
大和文華館の水墨画―雪村作品一挙公開!―
会場
大和文華館
会期
2018-05-25~2018-07-01
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時まで)
観覧料
一般620円 高校・大学生410円 小学・中学生無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
概要
自在な描線とともに墨の濃淡やぼかしを駆使する水墨画は、東洋絵画の重要な表現方法です。たんに対象の形を捉えるだけでなく、移ろう大気や光、人や動物が発する声や音、そこに宿る精神性といった見えないものまで表現できる点は水墨画ならではといえるでしょう。中国・唐代に成立した水墨画は、鎌倉時代の日本に伝わり、室町時代を代表する絵画となりました。
大和文華館の水墨画コレクションは、可翁(かおう)、愚谿(ぐけい)に代表される初期水墨画に始まり、周文(しゅうぶん)、文清(ぶんせい)、雪舟(せっしゅう)、雪村(せっそん)、狩野元信(かのうもとのぶ)、俵屋宗達(たわらやそうたつ)、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)、浦上玉堂(うらかみぎょくどう)など、水墨画壇を彩る画家たちの作品が所蔵されます。彼らは画中にその名前を残すことで、自分の作品であることを示し、画技を競いました。
本展覧会では所蔵する7件の雪村作品を同時に公開するとともに、館蔵水墨画の名品を展示します。日本絵画史においても重要な水墨画の流れをたどります。個々の作品から窺える画家の個性、その競演をお楽しみ下さい。
イベント情報
列品解説 毎週土曜日 午後2時から(当館学芸部による)

特別講演 6月17日(日)午後2時 講堂
「雪村の画業とその魅力」
千葉市美術館館長 河合正朝氏

日曜美術講座 6月24日(日)午後2時 講堂
「日本水墨画の誕生」
当館学芸員 古川攝一

講座 美術の窓 6月3日(日)午後2時 講堂
「墨摺版画の魅力」
当館館長 浅野秀剛

文華苑講座 5月27日(日)午後2時 講堂
「日本・中国および欧米のボタンの歴史と文化」
島根大学名誉教授 細木高志氏
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索