タイトル等
くまのもの
―隈研吾とささやく物質、かたる物質
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2018-03-03~2018-05-06
休催日
4月30日をのぞく月曜日
開催時間
10時~18時
(金曜日は20時まで 入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般1,100(900)円/高校・大学生900(700)円/中学生以下無料
*( )内は前売料金[2月2日-3月2日販売]
*20名以上の団体は、一般800円、高校・大学600円
*障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
主催者
東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]、隈研吾建築都市設計事務所
協賛・協力等
協 賛|大成建設株式会社、株式会社丹青社、株式会社 長谷工コーポレーション、株式会社 安藤・間、株式会社イトーキ、株式会社大林組、鹿島建設株式会社、コクヨ株式会社、越井木材工業株式会社、小松精練株式会社、株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所、清水建設株式会社、住友林業株式会社、セントラル硝子株式会社、大光電機株式会社、太陽工業株式会社、大和リース株式会社、株式会社 竹中工務店、東急建設株式会社、TOTO株式会社、戸田建設株式会社、ナイス株式会社、株式会社乃村工藝社、不二サッシ株式会社、文化シャッター株式会社、前田建設工業株式会社、三井住友建設株式会社、株式会社LIXIL
協 力|株式会社新建築社
概要
もう一度、様々な物質と、いきいきとした会話をはじめよう ――。
国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954~)。
古今東西の思想に精通し、「負ける建築」「自然な建築」などの理念を実践してきた約30年に及ぶプロジェクトを集大成して展観します。本展では特に、隈が仕事を通じて対話を重ねてきた素材に着目し、建築設計やプロダクトデザインなどの蓄積を、時系列ではなく主要なマテリアル(竹、木、紙、石、土など)ごとに分類・整理することで、“もの” という観点から概観を試みます。“もの” の開放によって、人の感覚や意識、そして環境を媒介する建築の可能性に迫ります。

建築とは、結局のところ物質である。物質と人間との会話である。世界という得体のしれない大きさなるものが、物質という具体的存在を通じて、人間と会話するのである。物質が違うと、会話の仕方も変わり、こちらの気分も大いに変わってくる。20世紀は、コンクリートのせいで、会話は固くなり、人間の表情もずいぶん暗くなった。
もう一度、様々な物質と、いきいきとした会話をはじめよう。
―隈研吾
イベント情報
隈研吾建築ツアー
都内の主要な隈研吾建築を廻ります。
日程や申込方法など詳細は美術館HP、Facebookでお知らせします。

朝の鑑賞会[学芸員による開館前のギャラリートーク]
3/22[木]、4/18[水] 9:30-(約30分)
1階エントランス集合/参加無料[別途要入館料] 定員25名
事前申込制。3/3以降の開館時間中に当館まで電話(03-3212-2485)でお申込みください。
定員になり次第受付は終了いたします。

レンガ・タッチ&トーク[煉瓦が特徴的な当館のたてもの解説]
3/30[金]、4/13[金] 17:00-(約30分)
1階エントランス集合/参加無料[別途要入館料] 定員15名
当館1階受付でお申込みください。

東京駅周辺美術館学生無料ウィーク
3/3[土]-3/18[日]
受付にて学生証提示で入館料が無料

前売券:入館料の200円引。ローソンチケット(Lコード=36999)、イープラス、CNプレイガイド、セブンチケットで2月2日から3月2日まで販売。
当館受付での販売は、2月2日から2月12日の開館日(閉館30分前まで)に限ります。
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201803_kengo.html
会場住所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
交通案内
《JR線 東京駅から》
JR 東京駅 丸の内北口 改札前 (東京駅丸の内赤煉瓦駅舎内)

《東京メトロ 丸の内線 東京駅から》
(1) 改札を出てJR線方面(八重洲方面)に向かい、JR丸の内地下中央改札の手前を左折します。
(2) みどりの窓口の前を通過し、丸の内北口方面の階段を上がります。
(3) 東京駅丸の内北口ドーム内に入ると、左手に当館入口がございます。
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
東京都千代田区丸の内1-9-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索