タイトル等
宮城県芸術協会絵画部門
現運営委員等の『現在と過去』Ⅱ期
会場
カメイ美術館
会期
2018-01-30~2018-03-11
休催日
月曜日(2月12日は開館)
開催時間
10:00~17:00
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般 300円(20名以上の団体は240円)
65歳以上・高校生以下は無料
*カメイ美術館の企画展・常設展もご覧いただけます。
主催者
公益社団法人宮城県芸術協会 カメイ美術館
協賛・協力等
後援 河北新報社 NHK仙台放送局 TBC東北放送 仙台放送 ミヤギテレビ KHB東日本放送 エフエム仙台
概要
宮城県芸術協会とカメイ美術館は、芸術協会の創立期から現在に至る芸術祭審査員の作品展を「草創期の10人」、「継承する力」、「自律の様相」、「個の展開」として、昭和39年から平成15年までの芸術祭賞受賞作品展を「光芒の昭和」、「選ばれし作品の軌跡」と題し、平成21年度より開催してまいりました。
昨年度より3年にわたり、現運営委員等の作品を『現在と過去』と題して、近作1点、過去の作品1点を展示しています。2つの作品を比較することで、一人一人の作家の変遷を感じ取っていただけるものと思われます。
本展Ⅱ期では、昭和17年(後半)から昭和27年までに生まれた29名の作家の作品をご覧いただきたいと思います。作家としては元より、現在、芸術協会絵画部の中枢としてエネルギッシュに活動し、絵画部の充実発展のために力を注いでいる方々です。
この作家一人一人が、それぞれの時代にどのように対向し、そして今に至っているのか、作家の現在から過去の活動を想像していただけるものと考え企画・構成いたしました。
どうぞ高覧賜りますようお願い申し上げます。
イベント情報
●作家による作品解説 2月17日(土) 午後2時より

●ギャラリーコンサート 3月3日(土) 午後2時より
【出演者】浅野裕里香(1st.ヴァイオリン) 平松典子(2nd.ヴァイオリン) 小澤牧子(ヴィオラ) 明珍幸希(チェロ)
モーツァルト《ディベルティメントkv. 136》、エルガー《愛の挨拶》などを演奏予定
*いずれも予約不要、参加費は入館料のみです。
ホームページ
http://www.kameimuseum.or.jp/topics/2018/01/post-122.html
会場住所
〒980-0022
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23 カメイ五橋ビル7階
交通案内
JR仙台駅・西口より 徒歩10分

仙台市地下鉄南北線 五橋駅・北4出口より 徒歩3分
ホームページ
http://www.kameimuseum.or.jp/
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23 カメイ五橋ビル7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索