タイトル等
企画展 美術館でお花見!
桜 さくら SAKURA 2018
会場
山種美術館
会期
2018-03-10~2018-05-06
休催日
月曜日[但し、4/30(月)、5/1(火)は開館]
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1000円(800円)・大高生800円(700円)・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、および前売料金
*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、その介助者(1名)は無料
[きもの割引]会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります
[リピーター割引]本展使用済み入場券のご提出で会期中の入館料が団体割引料金となります(1枚につき1名様1回限り有効)
*但し、複数の割引の併用はできません
主催者
山種美術館、朝日新聞社
概要
2018年、山種美術館では日本の春を象徴する花、桜が描かれた絵画を厳選し、一堂に公開する展覧会を6年ぶりに開催いたします。 爛漫と咲き誇り、やがて散りゆく桜の美しさは、古くから詩歌に詠まれ、調度や衣装などの文様に表されるとともに、絵画にも盛んに描かれてきました。また、近代以降の日本画でも、桜は重要な題材であり続け、画家の個性や美意識が反映された、多彩な表現をみてとることができます。
本展では、名所の桜を主題とした奥村土牛(おくむらとぎゅう)や東山魁夷(ひがしやまかいい)、桜を愛でる人々を描いた上村松園(うえむらしょうえん)や松岡映丘(まつおかえいきゅう)、日本の風景に溶け込んだ桜を描いた川合玉堂(かわいぎょくどう)、花そのものをクローズアップして描き出した小林古径(こばやしこけい)や速水御舟(はやみぎょしゅう)をはじめ、名だたる画家による桜の絵画の数々をご覧いただきます。
江戸から現代までの画家たちによる桜の作品で満開となる会場で、絵画のお花見を楽しみながら、季節を満喫いただける展覧会です。
イベント情報
関連イベント(事前予約制)
講演会「美術は語る」
講 師:千住 博氏(日本画家・京都造形芸術大学大学院 教授)
日 時:2018年4月1日(日)14:00-15:30
会 場:國學院大学 院友会館(東京都渋谷区東4-12-8)
*山種美術館より徒歩3分
*地図は國學院大学院友会Webサイトでもご覧いただけます。
http://www.kokugakuin.or.jp/access/
主 催:山種美術館(お問い合わせ:ハローダイヤル03-5777-8600)
定 員:200名(先着順)
参加費:無料*但し、本展入場券または半券が必要。当日会場にて入場券購入も可能。

[お申込み方法]
FAX・インターネットの場合:詳細は当館Webサイトをご覧ください。
郵送の場合:往復はがきに、住所、氏名(返信面にも)、電話番号、イベント名を明記の上、〒150-0012東京都渋谷区広尾3-12-36「山種美術館イベント係」までお申し込みください。当館受付でもお申し込みいただけます。
*先着順により定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
*当日講師による展覧会場でのギャラリートークはございません。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2018/sakura2018.html
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索