タイトル等
松本市市制施行110周年記念・松本市美術館開館15周年記念
草間彌生展
会場
松本市美術館
会期
2018-03-03~2018-07-22
休催日
月曜日 ※ただし、4月30日、5月7日、7月16日は開館
開催時間
9:00~17:00
(入場は16:30まで)
主催者
草間彌生展実行委員会(松本市、松本市教育委員会、朝日新聞社、信濃毎日新聞社、SBC信越放送、abn長野朝日放送)、松本市美術館
協賛・協力等
共催:一般財団法人松本市芸術文化振興財団 協力:株式会社草間彌生
概要
松本市出身の前衛芸術家・草間彌生。半世紀以上前、故郷松本からたったひとりでアメリカに渡り、以来、世界を席巻きし続ける比類のない個性。
草間は1929年、長野県松本市の旧家に生を受け、物心ついた頃から、自身の内面から湧き上がる得体の知れないイメージに対して、芸術をもって闘ってきました。
松本時代の日本画、ドローイング、渡米後のネット・ペインティング、ソフト・スカルプチャー、映像、インスタレーション、野外彫刻、パフォーマンス、ファッション…。草間は常に、自らの作品が築き上げた評価を新作によって軽く飛び越えてきました。しかしそれは、走り続けることでしか得られない、停滞を許されない創作活動でもあります。
草間彌生という希有なこの才能は、まさに天才と呼ぶに相応しいものです。しかし、その成果は決して容易に手に入れてきたものではありません。今から約60年前、草間は何を感じ、苦しみ、悩み、そして、どのような希望を胸に、故郷を離れたのでしょうか。最新作「わが永遠の魂」シリーズを軸に、世界を代表する天才芸術家・草間彌生が生まれた理由を、生誕の地・松本でご体感いただける展覧会です。
ホームページ
http://matsumoto-artmuse.jp/exhibition/special/10402/
会場住所
〒390-0811
長野県松本市中央4-2-22
交通案内
■ JR松本駅から
・タウンスニーカー(市内周遊バス) 東コース [松本市美術館]下車
・松本駅から 徒歩12分

■ 松本バスターミナルから
アルピコ交通バス・横田信大循環線 [松本市美術館]下車

■ 長野自動車道 松本インターチェンジから
長野自動車道 松本インターチェンジから 車で15分
ホームページ
http://matsumoto-artmuse.jp/
長野県松本市中央4-2-22
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索