タイトル等
企画展
新・名品展
―新館30年のあゆみ―
会場
徳川美術館 蓬左文庫
会期
2017-11-11~2017-12-13
休催日
月曜日・年末年始(H29.12.14~H30.1.3)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時半まで)
観覧料
一般1,400円・高大生700円・小中生500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※土曜日は小中高生入館無料
主催者
徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・中日新聞社
協賛・協力等
協力 名古屋市交通局
概要
徳川美術館は、現在も新たな作品を受け入れて、コレクションの厚みと魅力を増しています。これら新収蔵品の調査研究を通して、開館以来のテーマである江戸時代の大名文化や茶の湯・絵画など尾張名古屋に花開いた文化の研究に、新たな一歩を踏み出すことが出来ました。
本展では、昭和62年(1987)に建てられた新館開館以降にご寄贈いただいた作品や、活動支援基金によって購入した作品のほか、近年のご寄託品を併せてご紹介します。美術工芸品や歴史資料などの優品や注目すべき作品をお楽しみください。
イベント情報
【ギャラリートーク】
「新・名品展」 11月15日(水)・12月2日(土)
「もののあはれ」展 11月26日(日)
各日午後1時~ ※入館者聴講自由

【土曜講座】
11月25日(土)午後1時30分~午後3時00分 ※有料
「詩歌と美術」学芸員 並木昌史

【徳川園催事】
錦を纏う
徳川園紅葉祭
11月17日(金)~12月10日(日)
ホームページ
http://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2017/1111/
会場住所
〒461-0023
愛知県名古屋市東区徳川町1017
交通案内
~電車・バスをご利用の場合~

名古屋駅より

[市営バス]
名古屋駅前2番のりば 基幹2系統 「光ヶ丘」「猪高車庫」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[名鉄バス]
名鉄バスセンター3階 4番のりば 「三軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[JR]
JR中央線「多治見」方面行
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 南出口から徒歩約10分。

[なごや観光ルートバス「メーグル」]
名古屋駅前8番乗り場 名古屋駅発着で平日30分~1時間に1本、
土・日・祝日は20分~30分に1本運行。 (約30分)

栄より

[市営バス]
栄バスターミナル(オアシス21) 3番のりば
基幹2系統 「引山」「四軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[市営地下鉄]
名城線(右回り)
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 3番出口から 徒歩約15分。


~車をご利用の場合~

東名高速 名古屋 IC より

IC 下車後、県道60号(東山通)を名古屋市街に向かって約8km直進、
「今池」交差点を右折約1.3km、「古出来」交差点を左折約0.7km
「徳川美術館南」交差点を右折 (所要時間約30分)

名神高速 一宮 IC より

名古屋高速 16号一宮線→清洲JCT→6号清洲線→1号楠線→「黒川」出口右折 (所要時間約30分)
ホームページ
http://www.tokugawa-art-museum.jp/
愛知県名古屋市東区徳川町1017
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索