タイトル等
-祝喜寿- 高柳裕展
会場
青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館
会期
2017-11-18~2018-01-14
休催日
月曜日、12月29日~1月3日までは年末年始休館とします
*ただし1月8日(月)は開館し、9日(火)を休館とします
観覧料
大人200円(160円) 小・中学生50円(40円)
*( )内は20名以上の団体料金です
*障がいをお持ちの方(障がい者手帳をご提示ください)、青梅市内在住の65歳以上の方は無料です
(免許証、保険証など住所と生年月日がわかるものをお一人ずつご提示ください)。
*青梅市内の小・中学生は土曜日無料です。
主催者
青梅市立美術館
概要
高柳裕(1941~)は現代日本を代表する版画家であると同時に、当館の主要な館蔵作家です。東京藝術大学で油画を学んだ後、版画に移った高柳の作品は、「版画」の枠にとらわれない自由な発想に基づいており、用いられている技法も多彩です。
本展では高柳の喜寿を祝して、当館が所蔵する全作品を2期に分けて展示します。また、それに合わせて、作品制作に至る過程を示す、デッサンや用いられた版、および担当した装丁やガラス絵なども紹介します。現在でも個展で新作を意欲的に発表し続けている高柳の、創作の軌跡を振り返ります。
イベント情報
学芸員によるギャラリーガイド
日時:12月17日(日)、1月6日(土) 午後2時開始、約30分を予定
定員:20名(先着順、予約不要、開始時刻に受付集合)
会場:美術館2階展示室
費用:無料(ただし、要観覧券)

講演会「版画家自作を語る」
日時:12月3日(日) 午後2時開始、約30分を予定
定員:20名(先着順、予約不要、開始時刻に受付集合)
会場:美術館2階展示室
講演者:高柳裕氏(版画家、本展展示作家)
費用:無料(ただし、要観覧券)
内容:本展展示作家である版画家・高柳裕氏が展覧会場において、展示作品に関する解説や制作時の思い等を語ります。また、合わせて自作の刷りの実演を行います。なお、講演会終盤にはスペシャル・ゲストとして、稲見蕙七氏による月琴(中国明清朝の古楽器)の演奏会(30分程度) を実施します。

ミュージアムコンサート
「木管五重奏で奏でるクリスマス音楽」
日時:12月9日(土) 午後5時開場、5時30分開演、約1時間公演
定員:80名(事前申込制)
会場:美術館1階ホール
出演者:【Hearts Winds Quintet】
(ハーツ・ウインズ・クインテット)
プロフィール:ハーツ・ウインズは「ウインドアンサンブルの名曲を紹介する」「吹奏楽の可能性を追求する」それらの目的のため2007年に発足したプロフェッショナルな吹奏楽団。吹奏楽界に多大な功績を残したフレデリック・フェネルの提唱した「ウインドアンサンブル」を継承し、フェネル氏の精神を尊重して演奏活動を行なっている少数精鋭のウインドアンサンブル。
そのハーツ・ウインズの主要メンバーによって構成された木管五重奏。
費用:500円(展覧会観覧料含む)
参加方法:<往信:表(宛名面)> 〒198-0085 青梅市滝ノ上町1346-1
青梅市立美術館 ミュージアムコンサート受付係
<往信:裏>お申込者の住所、氏名、年齢、電話番号、参加希望人数(葉書1枚につき2人まで)
<返信:表(宛名面)>お申込者の郵便番号、住所、氏名
<返信:裏>空白(当落をこちらで記載して返送します)
締め切り:11月30日(木)必着
ホームページ
http://www.ome-tky.ed.jp/bijutsu/2017takayanagiyutakaten.html
会場住所
〒198-0085
東京都青梅市滝ノ上町1346
交通案内
● 電車でお越しの場合
JR 青梅線 青梅駅 下車徒歩6分
▪ 東京駅から JR中央線快速電車で 立川駅まで約60分
▪ 立川駅から 青梅線に乗り換え、青梅駅まで約30分

● 車でお越しの場合
青梅街道沿い (無料駐車場あり、大型バス駐車可)
▪ 圏央道 青梅ICより 約20分
▪ 中央道 八王子第二ICより 約40分
ホームページ
http://www.ome-tky.ed.jp/shakai/bijutsu/
東京都青梅市滝ノ上町1346
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索