タイトル等
県美プレミアムⅢ 特別展示
絵画のふしぎ
~県美・絵画・名品選~
会場
兵庫県立美術館
常設展示室1~4
会期
2017-10-28~2018-01-21
休催日
月曜日(ただし、1月8日[月・祝]は開館、1月9日[火]は休館)
年末年始(12月31日[日]、1月1日[月・祝])
開催時間
午前10時~午後6時
特別展開催中の金・土曜日は午後8時まで
※入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般:500(400)<300>円/大学生:400(300)<200>円/70歳以上:250(200)<150>円/高校生以下:無料
※( )は20名以上の団体料金/< >は特別展とのセット料金
※障がいのある方(70歳以上を除く)は各種料金の半額、その介護の方1名は無料
※一般以外の各種料金の適用には証明書が必要です。
※毎月第2日曜日は公益財団法人伊藤文化財団のご協力により無料で観覧できます。
主催者
兵庫県立美術館
協賛・協力等
後援:公益財団法人 伊藤文化財団
平成29年度文化庁文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
概要
本年度第3期の県美プレミアムでは、「絵画のふしぎ~県美・絵画・名品選~」と題し、当館所蔵の日本近・現代絵画を中心に展示します。
目の前の現実を再現しようとしたものから、虚構の世界や観念を描いたもの、「何か」を描くのではなく絵画そのもののあり方を問うたものまで、古今の画家たちは絵画という二次元のメディアでさまざまな表現を行い、その可能性を追求してきました。特集展示では、絵画をめぐるふしぎを、主題表現、技法、素材、視点といった観点から考えます。
第1章 あたかもそこにあるかのように/第2章 再現から表現へ/第3章 開かれた窓/第4章 かげ、あと、しるし、もの/第5章 何がどう見えている?
イベント情報
01 シンポジウム「過去の現在の未来2 キュレーションとコンサベーションその原理と倫理」
日時 11月23日(木・祝)午後1時30分~5時
会場 兵庫県立美術館 ミュージアムホール
定員250名 「芸術友の会」会員優先席あり
主催 京都市立芸術大学 芸術資源研究センター、國府理「水中エンジン」再制作プロジェクト実行委員会、兵庫県立美術館
※詳細はHPをご覧ください

02 学芸員によるギャラリートーク
日時 11月11日(土)午後4時~(約45分)
会場 特集展示「絵画のふしぎ~県美・絵画・名品選~」会場にて 要プレミアム展の観覧券 参加無料
集合 エントランスホール

03 ミュージアム・ボランティアによるガイドツアー
日時 会期中の金・土・日 午後1時~ ※12月29日(金)、30日(土)は除きます

04 こどものイベント(関西文化の日)
日時 11月18日(土)、19日(日)
午前の部11時~12時30分、午後の部1時~3時
会場 アトリエ2にて 事前申し込み不要 入退場自由 ※詳細はHPをご覧ください
ホームページ
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1710/zero.html
会場住所
〒651-0073
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
交通案内
■ 阪神 岩屋駅(兵庫県立美術館前)から 南に徒歩約8分
■ JR神戸線 灘駅南口から 南に徒歩約10分
■ 阪急神戸線 王子公園駅西口から 南西に徒歩約20分
■ JR 三ノ宮駅から、神戸市バス(29、101系統)・阪神バス(HAT神戸行)にて約15分 「県立美術館前」下車すぐ
■ 地下駐車場 (乗用車80台収容・有料)
ホームページ
http://www.artm.pref.hyogo.jp/
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索