タイトル等
生誕150年 横山大観展
雄大、壮大、無限大。
画は人なり。
オール大観。
代表作を網羅した10年ぶりの生誕記念大回顧展です。
会場
京都国立近代美術館
会期
2018-06-08~2018-07-22
前期 6月8日(金)-7月1日(日) 後期 7月3日(火)-7月22日(日)
休催日
月曜日(ただし7月16日(月・祝)は開館、7月17日(火)は休館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(6月8日-6月30日の金・土曜日は午後8時まで、7月6日-7月21日の金・土曜日は午後9時まで)
※入館は閉館の30分前まで
観覧料
当日 一般1,500円 大学生1,100円 高校生600円
前売・団体(20名以上) 一般1,300円 大学生900円 高校生400円
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。いずれも要証明
※本料金でコレクション展もご覧いただけます
※前売券販売期間:3月1日(木)-6月7日(木)
チケット取り扱い:セブン_イレブン(セブンコード:060-443)、ローソン(Lコード:56445)、ファミリーマート、サークルKサンクス、イープラス、CNプレイガイド、チケットぴあ(Pコード:768-815)、京都国立近代美術館ミュージアムショップほか(チケット購入時に手数料がかかる場合もあります)
主催者
京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、日本経済新聞社、毎日新聞社
協賛・協力等
◎後援:テレビ大阪
◎特別協賛:大和ハウス工業
◎協賛:京都銀行、京都美術工芸大学、東レ、ライブアートブックス
◎特別協力:横山大観記念館
◎協力:あいおいニッセイ同和損保
概要
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。 東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋からさまざまなものが押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試みました。また主題についても従来の型から抜け出し注目を集めました。やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。 本展では、《生々流転》(重要文化財、会期中巻き替えあり)や《夜桜》《紅葉》(いずれも展示期間は7月1日まで)をはじめとする代表作に、新出作品や習作などの資料をあわせてご紹介します。
イベント情報
◎開幕記念講演会
「近代と闘う日本画の巨匠」
講師:古田亮氏(東京藝術大学大学美術館 準教授)
日時: 6月9日(土)午後2時~3時30分
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:先着100名(午前10時より1階受付にて整理券を配布します)
聴講無料(本展の観覧券が必要です)

◎ナイトギャラリーツアー
日時: 6月16日(土)、7月14日(土)各日午後6時~7時
会場:京都国立近代美術館
定員:各日とも、先着20名
(午後5時より1階受付にて整理券を配布します)
聴講無料(本展の観覧券が必要です)
ホームページ
http://taikan2018.exhn.jp/
会場住所
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
交通案内
□JR~バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行) 銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車 徒歩約10分

□地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分


□お車でお越しになる方
当館には、一般のお客様にご利用いただける駐車場がございません。
近隣の有料駐車場施設のご利用をお願いいたします。

有料入館者は、駐車券を持参いただくと駐車場の割引(1台1名)が受けられます。ご来館の際、1F受付に駐車券をお持ちください。
※割引は合計より200円引きとなります。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
会場問合せ先
京都国立近代美術館:Tel.075-761-4111
テレホンサービス(展覧会のご案内):Tel.075-761-9900
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索