タイトル等
政令指定都市移行10周年記念
新潟市の隠れた名品展
会場
新潟市新津美術館
会期
2017-11-11~2017-12-24
休催日
月曜日(ただし12月18日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時
(観覧券販売は午後4時30分まで)
観覧料
一般700円 大学・高校生500円 中学生以下無料
※有料20名以上は団体料金で2割引
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料(受付で手帳をご提示ください)
※SLばんえつクーポン、新潟県立植物園および新潟市新津鉄道資料館の入館券持参で2割引
主催者
新潟市新津美術館
協賛・協力等
共催 新潟日報社
後援 朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、N S T、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、NCV新潟センター、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0、FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽかラジオ
概要
今年は新潟市が政令指定都市に移行して10周年にあたります。それを記念して開催する本展では、新潟市内から選りすぐった名品の数々をご紹介します。多彩な魅力に溢れた貴重な作品たちをこの機会に是非お楽しみください。
イベント情報
ギャラリートーク
【日時】11/18[土]、23[木・祝]、12/24[日]
午後2時~ (30分程度)
【参加費】無料(ただし当日の観覧券が必要です)

美術講座
【時間】午後2時~3時30分
【会場】市民ギャラリー・レクチャールーム
【参加費】無料 *当日会場にお越しください。
11/12[日]新潟に残る名品たち
横山秀樹(新津美術館館長)
11/26[日]三浦文治による素描
《昭和天皇巡幸記》を読み解く
長島彩音(新津美術館 学芸員)
12/3 [日]新潟の美術のあけぼの
大森慎子(新津美術 学芸員)
12/10[日]新潟の工芸~竹工芸の現在(いま)を探る
奥村真名美(新津美術館 学芸員)
12/17[日]新津出身の漫画家 高野文子
大野智世(新津美術館 学芸員)

クリスマスミュージアムコンサート
作品に囲まれて、バイオリンの二重奏をお楽しみください。朗読とのコラボレーションも行います。
【日時】12/23[土・祝] 午前11時~、午後1時30分~
(2回公演、45分程度)
【バイオリン】阿部智子氏、佐々木友子氏
【会場】企画展示室
【定員】80名(当日先着順、申込不要)
【参加費】無料(ただし当日の観覧券が必要です)

託児サービス(無料)
専門スタッフがお子様をお預かりします。
【対象】生後6ヶ月~就学前のお子様
(定員3名程度、先着順)
*各締切日までに、電話(0250-25-1300)でお申込みください。
◆鑑賞のための託児サービス
第2・4日の木曜日・土曜日
(11月11日、23日、25日、12月9日、14日、23日)
午前10時~12時〔申込締切:利用の3日前まで〕
◆イベント参加のための託児サービス
11月18日、23日、12月23日、24日
午後1時半~4時〔申込締切:利用の7日前まで〕

こどもタイム
会場に音楽が流れます。親子で会話を楽しみながらご鑑賞ください。
【日時】第1・3の木曜日・日曜日
(11月16日、19日、12月3日、7日、17日、21日)
午前10時~午後1時
会場住所
〒956-0846
新潟県新潟市秋葉区蒲ヶ沢109-1 (花と遺跡のふるさと公園内)
交通案内
【バス】
JR 新津駅東口から
秋葉区バス「新津駅西口行」に乗車約24分、「美術館・植物園前」で下車 徒歩すぐ。
または、新潟交通バス「矢代田経由白根・潟東行」に乗車約12分、「新津美術館入口」で下車 徒歩5分
※新津駅西口発の秋葉区バスは「美術館・植物園前」まで約55分かかりますので、新津駅東口発のバスか矢代田駅発のバスをご利用ください。

矢代田駅から
秋葉区バス「新津駅東口行」に乗車約7分、「美術館・植物園前」で下車徒歩すぐ。
または、新潟交通バス「新津駅行」に乗車約3分、「新津美術館入口」で下車徒歩5分

【徒歩】
JR古津駅から 徒歩約25分

【車】
JR 新津駅から タクシーで約15分、矢代田駅から タクシーで約5分
新潟駅から 約20キロ 約40分。国道49号経由、国道403号線を三条・小須戸方面にすすみ「県立植物園入口」で左折し、道なり約3分。

磐越自動車道では、
福島・会津若松方面から 「新津IC」より約15分。
または 新潟方面から 「新津西スマートIC」より約13分。
ホームページ
http://www.city.niigata.lg.jp/nam/
新潟県新潟市秋葉区蒲ヶ沢109-1 (花と遺跡のふるさと公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索