タイトル等
岡本神草の時代展
会場
京都国立近代美術館
会期
2017-11-01~2017-12-10
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時
ただし金曜、土曜は午後8時まで開館(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1000(800)円、大学生500(400)円
・( )内は前売り、20名様以上の団体料金
・高校生以下および18歳未満は無料
・心身に障がいのある方と付添者1名は無料(入館の際に証明できるものを提示ください。)
・本展の観覧料で、同時開催のコレクション展もご覧いただけます。
・前売券は、10月31日までの期間限定発売。
前売券の主な発売場所:ローソンチケット(Lコード57395)ほか、主要プレイガイド、コンビニエンスストアなど(チケット購入時に手数料がかかる場合があります)

夜間割引
会期中、金曜日と土曜日は午後8時まで開館。夜間開館日の午後5時以降は夜間割引を実施します。
一般 1,000円→800円、大学生 500円→400円(他の割引との併用はできません)
主催者
京都国立近代美術館
概要
明治27(1894)年神戸市に生まれた神草(本名・敏郎)は、大正4(1915)年に京都市立美術工芸学校(美工)絵画科を卒業すると、京都市立絵画専門学校(絵専)に進学します。学年を超えて美工卒業生らによって結成された密栗会に参加し、最初は当時流行していた新南画風の作品を出品します。大正5年頃から生涯のモティーフとなる舞妓を、竹久夢二風に描くようになり、徐々に《口紅》(大正7年)のような、浮世絵の影響を受けた官能的な画風へと変わっていきます。絵専卒業前後から、一緒に祇園を徘徊した同級生の木村斯光、板倉星光、堀井香坡らも同じ雰囲気を持つ作品を描いており、彼らとともに新興美人画作家として注目されます。大正9年の第3回国展には、やはり舞妓をモティーフとし、心理的な隈というべき陰影を施すことにより、神秘的な存在感を出した《拳を打てる三人の舞妓の習作》を出品して、その将来を期待されました。その後菊池契月に師事し、昭和に入ってからは、かつてのような官能性を前面に押し出すのではなく、そこはかとなく漂わせるような作風に移りますが、十分な展開を見せる前に、惜しくも昭和8(1933)年、38歳の若さで亡くなりました。
本展覧会は、《口紅》、《拳を打てる三人の舞妓の習作》等、これまでに知られた作品だけでなく、寡作なうえ、早世したために数の少ない本画を可能な限り集め、素描、下図、資料類100点ほどを加えてその画業を紹介する、岡本神草の初の大規模展です。同時に、甲斐庄楠音など一緒に競い合った同時代の作家や、師にあたる契月の作品も展示します。神草作品の持つ時代性や特異性も知ることができるまたとない機会となるでしょう。
イベント情報
「しんさうのぬりゑ」
11月1日(水)-12月10日(日) 美術館1階ロビーにて
会期中,美術館1階にアトリエスペースが登場。
ぬり絵を楽しながら、岡本神草の世界にひたってみませんか?
参加無料、どなたでもご自由にお立ち寄りください。

講演会「岡本神草の時代展について」
11月25日(土)午後2時~3時半
講師 小倉実子(京都国立近代美術館主任研究員)
会場 京都国立近代美術館1階講堂
聴講無料、先着100名
(午前11時より1階受付にて整理券を配布します)

京都市立芸術大学 ホワイエコンサート
日時 11月18日(土)午後5時10分開演
会場 京都国立近代美術館1階ホワイエ
入場料 無料(当日先着100席)
共催 京都市立芸術大学

映画上映 NFC所蔵作品選集
MoMAK Films 2017チェコ映画特集
上映作品(予定):『夜のダイヤモンド』(1964年)、『火事だよ!カワイコちゃん」(1967年)、ほか
日時 12月1日(金)午後6時~、12月2日(土)午後2時~
会場 京都国立近代美術館1階講堂
料金 1プログラム 520円(当日券のみ)
ホームページ
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2017/422.html
展覧会問合せ先
テレホンサービス(展覧会のご案内) 075-761-9900
会場住所
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
交通案内
□JR~バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行) 銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車 徒歩約10分

□地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分


□お車でお越しになる方
当館には、一般のお客様にご利用いただける駐車場がございません。
近隣の有料駐車場施設のご利用をお願いいたします。

有料入館者は、駐車券を持参いただくと駐車場の割引(1台1名)が受けられます。ご来館の際、1F受付に駐車券をお持ちください。
※割引は合計より200円引きとなります。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
会場問合せ先
京都国立近代美術館:Tel.075-761-4111
テレホンサービス(展覧会のご案内):Tel.075-761-9900
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索