タイトル等
アートの今・岡山2017
会場
新見美術館
会期
2017-09-09~2017-10-09
休催日
月曜(但し、9/18[月・祝]、10/9(月・祝]は開館)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般400 (350)円 中高生250 (200)円 小学生150 (100)円
※( )内は15人以上の団体料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は土・日・祝休日に限り観覧無料
概要
岡山における現代美術表現の「今」を紹介する企画展。古くから日本人の暮らしを彩り、書画を保護する技術として育まれてきた伝統技術「表具」の現代における新たな可能性に注目します。
伝統的なものづくりは、伝統的環境のもとに地域の自然と産業の密接な結びつきの中で育まれてきましたが、生活環境の変化により、地域資源や伝統技術が危機的状況におかれています。それは岡山においても顕著であり、日本人の暮らしの変化に伴い、表具は日常から離れ特別な存在となりつつあります。
本展では、美術と伝統産業の現状と未来を考える場として様々な分野の美術作家を伝統的なしつらえの中に受け入れ新たな出会いと創造の機会を作り出します。なお、本展には現代作家と表具師による共同作品と、夢二郷土美術館協力により展覧会趣旨に合った夢二作品とともに展観します。
イベント情報
■「和紙と糊でフレームをつくろう」
2017年9月9日(土)13:30~
岡山県産の手漉和紙と表具用の糊を使ってハガキ掛けを作ります。
講師:岡山県表具内装協会
参加費:500円(材料費込み)
対象:小学生以上一般(小学校低学年は保護者同伴)
定員:各日12名

■「日光写真を体験しよう」
2017年9月17日(日)13:30~
お日様の光で焼き付ける写真づくりを体験します。
講師:巛(セン)相澤心也(写真家)・小田聖子(工芸家)
参加費:500円(材料費込み)
対象:小学生以上一般(小学校低学年は保護者同伴)
定員:10名
申込・お問合せ:新見美術館
(Tel.0867-72-7851/art@ex.city.niimi.okayama.jp)
会場住所
〒718-0017
岡山県新見市西方361
交通案内
● JR新見駅から、タクシーで5分、徒歩で10分

● JR新見駅まで
JR岡山駅から 伯備線下り(米子・出雲方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。
JR米子駅から 伯備線上り(新見・岡山方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。

● 中国自動車道 新見インターチェンジから車で約7分

● 岡山方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
新見市役所前交差点を左折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。

● 米子方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
高尾交差点を右折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。
ホームページ
http://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/
岡山県新見市西方361
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索