タイトル等
ジャック=アンリ・ラルティーグ
幸せの瞬間をつかまえて
人生とは、踊り、跳びはね、飛翔し、笑い…
そうして過ぎ去っていく素晴らしいものだ!
会場
福島県立美術館
会期
2017-07-22~2017-09-10
休催日
月曜日(8月21日県民の日は開館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般・大学生1000円(800円)、高校生600円(500円)、小・中学生400円(300円)
※( )内は団体20名以上の料金。
※障害者手帳等をご提示の方は無料です。
※コレクション展(2F)もあわせてご覧いただけます。
主催者
福島県立美術館
協賛・協力等
後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:ジャック=アンリ・ラルティーグ財団
協力:富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
企画協力:コンタクト
概要
フランスの裕福な家庭に生まれたジャック=アンリ・ラルティーグ(1894-1986)が父親からカメラを与えられたのは、8歳の時でした。
感受性ゆたかな少年は、目前の「幸せな瞬間」を残していける“魔法の機械”=カメラに夢中になり、生活のあらゆるできごとを毎日写真におさめたのです。彼は、撮りたいものをスレートに撮りました。跳びあがる猫、テニスやスケート、自動車レースや飛行機など、動くものをつかまえたいという素朴な欲求から、ユニークな作品が生まれます。また家族や恋人、友人たちとの幸福なひとときを愛おしむように撮影された作品は、作家その人の人生までもが記録され、観る者に不思議な懐かしさを味わわせてくれます。この展覧会は、その多くが日本初公開であるカラー作品を含め、幼時から晩年にいたる約160点を通して、写真をたのしみ、過ぎゆく時間や人生の歓びをつかまえようとしたラルティーグの世界をご紹介します。
イベント情報
◎ゲストトーク 金子隆一氏(写真史家)
「ラルティーグ:アマチュアから写真史の巨匠へ」
8月6日(日)午後2時~3時30分/企画展示室/企画展観覧料が必要です。/東京都写真美術館で長年写真展を企画した金子さんに、写真史におけるプロとアマ、写真集の魅力について作品を前にお話しいただきます。あわせて、福島の写真家・小関庄太郎についても振り返ります。

◎スペシャルトーク 堀内花子氏(堀内誠一長女)
「ラルティーグと堀内誠一のはなし」
8月27日(日)午後2時~3時30分/美術館講堂/聴講無料。午後1時開場予定。/ラルティーグを日本にいちはやく紹介したデザイナー、堀内誠一(1932-1987)、堀内は雑誌『anan』『BRUTUS』や絵本『ぐるんぱのようちえん』を手がけるなど卓越した仕事をのこしました。対談形式で堀内誠一とラルティーグの魅力と関連性をさぐります。

◎担当学芸員によるギャラリートーク
7月29日(土)、8月19日(土)、9月8日(金)/各日とも午後2時から60分程度/企画展示室/企画展観覧料が必要です。

ご希望のグループに「ジャック=アンリ・ラルティーグ 幸せの瞬間をつかまえて」の見どころをご案内します(要予約)。
お問い合わせ・ご予約は電話024-531-5511 県立美術館団体受付係まで。

◎ワークショップ1 「チェキで撮ろう!~〇〇の瞬間~」
7月30日(日、8月2日(水)、8月5日(土)/各日とも午後1時30分~3時30分/対象:小学生以上、各回12組
程度/材料費:一人500円/講師:美術館スタッフ/内容:インスタントカメラ、チェキで、いろいろな「〇〇」写真をお互いに撮り合います。/申し込み締切:7月23日(日) ※先着順。2名以上でお申し込みください。

◎ワークショップ2 「どきどきわくわく!ピンホールカメラ体験」
9月2日(土)、9月3日(日)/※2日連続、いずれも午前10時~午後3時30分頃/対象:小学生以上12名※小学生は保護者同伴/材料費:一人1000円/会場:実習室ほか/講師:千葉奈穂子氏(写真家)/内容:ピンホールカメラを手づくりして撮影し、暗室でゼラチン・シレバー・プリントを制作しよう。 /申込締切:8月26日(土) ※先着順

ワークショップのお問い合わせ・ご予約は電話024-531-5511 実習受付係まで。ホームページからも予約可能です。
ホームページ
http://www.art-museum.fks.ed.jp//?page_id=29
会場住所
〒960-8003
福島県福島市森合字西養山1
交通案内
●電車で―――JR福島駅東口より福島交通 飯坂線「美術館図書館前駅」下車 徒歩2分
●バスで―――JR福島駅東口より福島交通バス9番乗場から市内循環ももりん2コース「県立美術館入口」下車 徒歩3分
●タクシーで―JR福島駅東口、西口より約5分
●車で――――東北自動車道で福島飯坂I.C.より約15分、福島西I.C.より約20分
ホームページ
http://www.art-museum.fks.ed.jp
福島県福島市森合字西養山1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索