タイトル等
のれん
―芹沢銈介の原点―
「染物の中で最も男らしい仕事 終始暢々(のびのび)と働ける『のれん』の仕事を好む」―芹沢銈介
会場
静岡市立芹沢銈介美術館
会期
2017-07-15~2017-11-26
休催日
毎週月曜日(7/17、9/18、10/9を除く)、7/18、9/19、10/10、11/24
開催時間
9:00~16:30
(全館閉館)
観覧料
一般420円/高校生・大学生250円/小学生・中学生100円/未就学児無料
(団体割引30名以上50円引き、小中学生は20円引き)
※静岡市内在住または静岡市内の小中学校に在学中の方は無料
※静岡市内在住70歳以上の方、身体障がい者手帳等の交付を受けている方とその介助者1名は無料
概要
芹沢銈介の染色作品の原点でもあり、また芹沢自身がもっとも好んだ「のれん」を特集し、全館に70点を展示します。昭和4年に制作した芹沢のデビュー作「蔬菜文壁掛」はのれんに近い形式の作品であり、昭和7年ごろから現在ののれんの形に落ち着いていったようです。以後多数ののれんを制作し、その数は400種におよぶといわれます。
文字、風景、人物、工芸品など、芹沢の新鮮な模様があしらわれたのれんは、広く一般家庭に普及し、暮らしを彩りました。この展覧会では「風の字のれん」「縄のれん文のれん」「朝顔のれん」といった代表作から、店舗用ののれんまで、幅広い作品をご覧いただきます。また「布文字春夏秋冬二曲屏風」「洲浜型四季文四曲屏風」など、のれん以外の作品50点、芹沢の収集品30点も展示します。
ホームページ
http://www.seribi.jp/exhibition.html
会場住所
〒422-8033
静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
交通案内
[バス]
静岡駅南口、しずてつジャストライン22番バスのりばから、「登呂遺跡」行きに乗車、終点「登呂遺跡」にて下車。約12分。

[タクシー]
静岡駅南口から登呂公園へ。約10分。

[東名高速]
静岡インターより約10分。
(「登呂遺跡」の道路標識をたどっておこしください)
ホームページ
http://www.seribi.jp/
静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索