タイトル等
エクスパンデッド・シネマ再考
会場
東京都写真美術館
地下1階展示室
会期
2017-08-15~2017-10-15
休催日
毎週月曜日(9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は休館)
開催時間
10:00~18:00
(木・金は20:00まで。ただし、8月17日(木)、18日(金)、24日(木)、25日(金)は21:00まで開館)

※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 600(480)円/学生 500(400)円/中高生・65歳以上 400(320)円
ただし、8月18日(金)・25日(金)の18:00~21:00はサマーナイトミュージアム割引(学生・中高生無料/一般・65歳以上は団体料金)
※各種割引の併用はできません。
※( )は20名以上の団体料金
※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料
主催者
東京都写真美術館
協賛・協力等
協賛=凸版印刷株式会社
概要
「エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)」は、従来の映画館等でのスクリーンへの投影とは異なった方法で上映される映画です。この上映形式は、1960年代半ば頃から欧米を中心に、美術家や実験映像作家によって展開されていきます。それは、今日では既に定着しているマルチプロジェクションやループ上映、 ライヴ・パフォーマンスをはじめ、同時代のインターメディアやアート&テクノロジーの状況と呼応しながら、 本来の映像がもつ多様性を再発見していく試みでした。本展では、「エクスパンデッド・シネマ」の誕生から様々な実験を繰り広げた日本の作品に着目し、その独自性と先見性を当館の映像コレクションを中心に検証していきます。
[出品予定作家]
飯村隆彦、シュウゾウ・アヅチ・ガリバー、おおえまさのり、松本俊夫、城之内元晴、真鍋博、佐々木美智子 ほか
イベント情報
【アーティストトーク】
●2017年8月19日(土) 14:00~15:30 飯村隆彦(出品作家)
●2017年8月20日(日) 14:00~15:30 おおえまさのり(出品作家)
●2017年8月26日(土) 14:00~15:30 シュウゾウ・アヅチ・ガリバー(出品作家)
■定員=各回50名
■会場=東京都写真美術館 2階ロビー
※当日10時より1階総合受付にて整理券を配布します。

【展覧会担当学芸員によるギャラリートーク】
会期中の第2・第4金曜日16:00より担当学芸員による展示解説を行います。
■展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、地下1階展示室入口にお集まりください。

【8ミリ自家現像ワークショップ】
8ミリフィルム(モノクロ)での撮影から現像、上映までを全2日間で行う制作ワークショップを開催します。
●2017年9月23日(土・祝)、24日(日) 各日10:15~19:00
■講師=石川亮(東京国立近代美術館フィルムセンター技術員、映像作家)、郷田真理子(フィルム技術者、株式会社IMAGICAウェスト)
■定員=12名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
■対象=一般大人
■参加費=5,000円

※最新情報につきましては美術館ホームページをご確認ください。
※事業はやむを得ない事情で変更することがございます。あらかじめご了承ください。
ホームページ
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2845.html
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索