タイトル等
「倉敷市」50周年記念事業
二人のHIROSHI ―貝原浩・永岡博 ―
生誕70年 貝原浩・生誕80年 永岡博
会場
倉敷市立美術館
2階 第2展示室・第3展示室
会期
2017-07-15~2017-09-10
休催日
月曜日(ただし7月17日(月・祝)は開館、7月18日(火)は休館)
開催時間
9時~17時15分
(入場は16時45分まで。初日は10時開場)
観覧料
◆一般600円(500円)
◆65歳以上、高大生300円(200円)
◆小中生100円(50円)
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小中学生はいきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
心身障がい者とその介護者1名は無料
主催者
倉敷市、倉敷市教育委員会、倉敷市立美術館 、山陽新聞社
協賛・協力等
後援 岡山県、岡山県教育委員会、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、倉敷ケーブルテレビ、玉島テレビ放送、oniビジョン、FMくらしき、FM岡山、レディオモモ
概要
今年は、郷土ゆかりの物故作家・貝原浩(1947-2005 倉敷市生まれ)の生誕70年、永岡博(1937-2007 岡山市生まれ)の生誕80年にあたります。
貝原浩は東京藝術大学工芸科図案計画専攻ビジュアルデザイン卒業後、さまざまな地域を旅して風景や人物を描くほか、挿絵や本の装丁を多く手掛けています。一方、永岡博は、岡山大学教育学部特設美術科卒業後、倉敷市立琴浦中学校などで美術教師を続けながら、岡山を中心に活動し、銅版画の制作を行いました。
このたびの展覧会では、貝原は代表作、チェルノブイリ・スケッチ絵巻『風しもの村』、世界各地を旅して生まれた鉛筆画集『FAR WEST』を中心に、初期油彩画や舞台装置などを含む約80点を、また、永岡は初期のシュールレアリスム的な作品や、抽象を経て写真をもとにしたフォトエッチングの技法に展開する多彩な作品約70点を展示します。
貝原と永岡は、さまざまに変化する社会の状況を見据えながら、そこで生き抜く人間の姿や心のありようをそれぞれの作風で表現しようとしました。その特異な作品群によって、郷土画壇において大きな足跡を残す二人の“ヒロシ”の世界を紹介します。
イベント情報
担当学芸員によるギャラリー・トーク
日程/ 7月29日(土)8月26日(土)
14時~(40分程度)
場所/倉敷市立美術館2階展覧会場内
当日の観覧券が必要です

ワークショップ
①「はじめての銅版画 好きなものを表現しよう」
日時/7月17日(月・祝)10時~16時
講師/佐伯裕一氏(画家)
対象/小学校3年生以上(小学生は保護者同伴)
定員/15名
参加料/1000円

②「ミュージアム・スケッチ 絵巻を作ろう!」
美術館内を自由にスケッチしてみんなでひとつの絵巻にしてみましょう。
日時/8月5日(土)13時~16時
講師/宮澤悟氏(画家)
対象/中学生以上
定員/20名
参加料/500円

いずれも事前の申し込みが必要です。「はじめての銅版画」は7月4日(火)9時から、「ミュージアム·スケッチ」は7月22日(土)9時から電話受付開始(先着順で、定員に達し次第締め切ります)
倉敷市立美術館 ☎086-425-6034
ホームページ
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/108156.htm#itemid108156
会場住所
〒710-0046
岡山県倉敷市中央2-6-1
交通案内
JR倉敷駅から南に徒歩10分

バスをご利用の場合

倉敷駅前から

・両備バス/ 3番乗り場 吉岡行き
大原美術館前下車 徒歩1分

・両備バス/ 4番乗り場 大高行き
大原美術館前下車 徒歩1分

・下電バス/ 5番乗り場
(塩生線)
(茶屋町・イオンモール倉敷線)
大原美術館前下車 徒歩1分

お車をご利用の場合

・山陽自動車道 倉敷ICより 約15分

・山陽自動車道 早島ICより 約15分
ホームページ
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=11459
岡山県倉敷市中央2-6-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索