タイトル等
企画展
やきもの勉強会
食を彩った大皿と小皿
会場
根津美術館
会期
2017-07-13~2017-09-03
休催日
毎週月曜日 ただし7月17日(月・祝)は開館、翌18日(火)休館
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1100円 学生800円
20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者1名は200円引き、中学生以下は無料

【前売券】 一般900円学生600円
「はじめての古美術鑑賞」展開催期間中(5月25日~7月2日) 根津美術館ミュージアムショップにて販売
概要
今回の「やきもの勉強会」では、毎日の生活の中で使っている「皿」に焦点を当て、大きな皿や小さな皿が食卓で使われる文化とその時代を考えて作品を選びました。人々はいつ頃から皿を使うようになったのでしょうか。「盛る」という食事の文化が現れたのは、いつ頃のことでしょうか。大きな皿が必要とされた14世紀頃の中近東文化、懐石膳のような小さな食卓を使った文化の中で小さな皿が目を引く日本の様相なども考えて作品を選びました。大皿と小皿が紡いできた食卓の物語を、中国や日本のやきものを見ながら想像してお楽しみください。
イベント情報
講演会 事前申込制(先着順)]
「江戸の料理屋とおもてなし」(仮題)
8月5日(土)午後2時~3時30分
講師 神崎宣武氏(民族学者・旅の文化研究所所長)
会場 根津美術館講堂 定員 130名
【申し込み方法】当館ホームページの「イベント情報」の申し込みフォームから、または往復はがき(1参加者につき1枚)に、参加を希望される講演会名・住所・氏名(返信面にも)・電話番号を明記の上、〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1根津美術館講演会係あてにお送りください。

スライドレクチャー 事前申込不要
7月21日(金)、8月18日(金)
各回 午後1時30分から45分間程度
講師 西田宏子(根津美術館顧問)
会場 根津美術館講堂 定員 各回130名
展示内容について、当館学芸員がスライドを用いて説明します。
※いずれも参加は無料ですが、入館料をお支払いください。

【特別催事】事前申込制
「茶杓をけずってみよう」
8月19日(土)午前10時30分~/午後2時~
講師 池田泰輔氏(竹芸家・竹樂会講師)
※詳しくは当館ホームページ、またはお電話でお問い合わせください。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/next.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索