タイトル等
絵本文学の世界へ
葉(よう) 祥明(しょうめい) 展
会場
萬鉄五郎記念美術館
会期
2017-06-24~2017-09-18
休催日
月曜日※月曜日が祝日の場合その翌日
開催時間
8:30~17:00
※入館は16:30まで
観覧料
一般600円(550円)/高校・学生350円(300円)/小・中学生250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
萬鉄五郎記念美術館
協賛・協力等
《後援》岩手日報社、岩手日日新聞社、盛岡タイムス社、河北新報社、朝日新聞盛岡総局、読売新聞盛岡支局、毎日新聞盛岡支局、産経新聞盛岡支局、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、花巻ケーブルテレビ、エフエム岩手、ラヂオもりおか、奥州エフエム、えふえむ花巻
概要
絵本作家・葉祥明(ようしょうめい)は1973年に『ぼくのべんちにしろいとり』でデビューしました。以来40年以上、子どもから大人まで幅広く親しめる作品を描き続けています。中でも全国学校図書協議会の推薦図書に選ばれる等、学校で多くの子どもが目にした絵本『地雷ではなく花をください』(自由国民社刊)や、累計30万部を超える人気となった『おなかの赤ちゃんとお話ししようよ』(サンマーク出版刊)シリーズなど、葉祥明の作品に触れたことがある方は多いでしょう。オリジナルのキャラクターも <白い犬のジェイク>をはじめ、オレンジ色のペンギン<ジェイムズ>、ファンタジックなくはちぞう>など楽しい仲間が増え、彼の世界を伝えるメッセンジャーの役割を果たしています。その内容は環境問題から自分探しなど様々ですが、一貫して「絵本を通して心の平和を届けたい」との想いが込められています。牧歌的なメルヘンの「美しい世界」だけではなく、その背景には「知ってもらいたい大切なこと」が描かれていて、そこから読み手の“思いやり ”や“優しさ”を見つめ直すきっかけとなることを願ったものです。
本展では、葉祥明の代表的な絵本原画を中心に、約150点で彼の絵画表現を紹介します。特に、宮沢賢治ゆかりの地、岩手県花巻市での開催にあたり、葉が1987年に挿絵を描いた『やまなし』の原画を初公開します。子供から大人まで 世代を超えて親しまれる葉祥明の柔らかな空気に包まれたような表現世界を楽しんでいただきたいと思います。
イベント情報
葉祥明・講演会/「私がめざす絵本と物語」&サイン会
・7月23日(日) 14:00 ~15:30 花巻市東和総合支所1階会議室(入場無料)

葉祥明・ギャラリートーク 萬鉄五郎記念美術館展示室(入館料が必要です)
・6月24日(土) 10:30~11:15
・9月10日(日) 14:00 ~14:45
葉祥明・サイン会 萬鉄五郎記念美術館ロビー
・6月24日(土) 11:30~
・9月10日(日) 15:00~
ホームページ
https://www.city.hanamaki.iwate.jp/bunkasports/501/yorozutetsugoro/p007948.html
会場住所
〒028-0114
岩手県花巻市東和町土沢5-135
交通案内
列車
JR釜石線 「土沢駅」より 徒歩8分
JR東北新幹線 「新花巻駅」より タクシー10分

バス
岩手県交通 「土沢線 (花巻駅―新花巻駅―雲南桜前)」
土沢中町下車 徒歩3分

自動車
東北自動車道 「花巻インター」「花巻南インター」から それぞれ20分
釜石自動車道 「東和インター」から 2分
(美術館駐車場20台)
ホームページ
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/bunkasports/501/yorozutetsugoro/index.html
岩手県花巻市東和町土沢5-135
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索