タイトル等
松岡コレクション
印象派・新印象派
モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?
会場
松岡美術館
2階展示室5.6
会期
2017-05-23~2017-09-23
概要
19世紀後半のフランス、印象派の画家たちは絵筆を手にして野外で直接カンヴァスに向かいました。
従前の規範に囚われず、かれらが光や風を感じるままに描いたのは故郷の風景や何度も訪ねたお気に入りの場所 ― 英仏海峡に面したノルマンディ地方の海景、地中海沿岸の明るい陽光、北西部に突き出たブルターニュ半島の景観などフランス国内の風景画を中心に、館蔵の印象派・新印象派およびその周辺の画家たちによる作品約40点をご紹介します。
ホームページ
http://www.matsuoka-museum.jp/exhibition/201705_136.html
会場住所
〒108-0071
東京都港区白金台5-12-6
交通案内
■東京メトロ地下鉄南北線・都営地下鉄三田線「白銀台駅」1番出口から徒歩7分
■JR「目黒駅」東口から徒歩15分
■都営バス「目黒駅」東口バスターミナル2番のりば 黒77:千駄ヶ谷駅行 橋86:東京タワー行・新橋駅行「東大医科研病院西門」下車
ホームページ
http://matsuoka-museum.jp
東京都港区白金台5-12-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索