タイトル等
双子がつくる魔術的ヴィジョン
クェイ兄弟
―ファントム・ミュージアム
会場
渋谷区立松濤美術館
会期
2017-06-06~2017-07-23
休催日
6月12日(月)、19日(月)、26日(月) / 7月3日(月)、10日(月)、18日(火)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
※毎週金曜日は午後8時閉館(入館は午後7時30分まで)
観覧料
一般1000円(800円)、大学生800円(640円)、
高校生・60歳以上500円(400円)、小中学生100円(80円)
※( )内は団体10名以上および渋谷区民の入館料
※障がい者とその付添の方1名は無料
※毎週金曜日は渋谷区民無料
※土・日曜日、祝日および夏休み期間中は小中学生無料

クエイ兄弟展限定の各種特典
◆リピーター優待
有料入館券の半券を、観覧日翌日以降の会期中にご提示いただければ、通常料金から2割引でご入館いただけます。
◆シアター・イメージフォーラム相互割引
本展の会期に合わせて、連続上映会「クエイ兄弟と東欧、ロシアのアニメーション(仮称)」を開催する渋谷区内の映画館「イメージフォーラム」との相互割引を実施します。当館では、本展の会期中に連続上映会の前売り券または半券をご提示いただければ、通常料金から2割引でご入館いただけます。
くわしい上映予定はHPでご確認ください。http://www.imageforum.co.jp/theatre/
※前売り券または半券の提示は1回限り有効。
主催者
渋谷区立松濤美術館
協賛・協力等
協力:神奈川県立近代美術館
企画協力:株式会社イデッフ
概要
『ストリート・オブ・クロコダイル』(1986年)など、不思議で幻想的、陰鬱、でもどこか軽やかなユーモアも感じられる人形アニメーションで数々の傑作を生み出しているクエイ兄弟。
スティーブン・クエイとティモシー・クエイの一卵性双生児として1947年にアメリカ・ペンシルベニア州に生まれた兄弟は、1965年にフィラデルフィア芸術大学に進み、最初イラストレーションを専攻、そして在学中の1967年に大学で開催された「ポーランドのポスター芸術」展に衝撃を受けます。
この後、1969年に英国に渡り、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートに進学。カフカの文学やヤナーチェク*1の音楽、ヤン・シュヴァンクマイエル*2の映像作品など、東欧文化の色濃い影響を受けつつ、短編アニメ映画制作などにその才能を開花させていきます。現在、クエイ兄弟はロンドンを拠点に、アニメ、映画制作、CM、舞台美術など幅広い分野で活躍し、日本でもカルト的な人気を誇っています。本展は、クエイ兄弟の初期のイラストレーションから、アニメーション制作の舞台装置の精緻なデコール、これまで日本で紹介される機会の少なかった映像作品や舞台美術の仕事、影響を受けたポーランドのポスター作品など、その独自の美の世界の全体像にせまるアジア初の本格的な回顧展です。
*1 チェコの作曲家、近年は村上文学にも登場
*2 チェコの人形アニメーション作家
イベント情報
A.日曜日のDVD上映会
6月11日(日) 『ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋』(1984年)等
6月25日(日) 『ストリート・オブ・クロコダイル』(1986年)等
7月 9日(日) 『変身』(2012年)
7月23日(日) 『ファントム・ミュージアム―ヘンリー・ウェルカム卿の医学コレクション保管庫への気儘な侵入』(2003年)等
※上映プログラムの詳細は美術館HPでご確認ください。
時間:午前11時~/午後2時~ 各回定員50名

B.記念講演会
「クエイ兄弟の舞台、インスタレーション、海外での展覧会(仮題)」
講師:柴田勢津子氏(本展コーディネーター、株式会社イデッフ代表)
日時:7月2日(日)
時間:午後2時~(開場:午後1時30分) 定員:80名

C.ワークショップ
パラレルペンによるカリグラフィー講座
日時:6月18日(日)
時間:午前11時~/午後2時~/午後4時~(所要時間各回60分前後) 各回定員8名
※パイロットの「パラレルペン」を使い、カリグラフィーを体験できます

D.学芸員によるギャラリートーク
日時:6月16日(金)、7月8日(土)、7月16日(日) 各回午後2時~

E.金曜日夜間開館・館内建築ツアー
日時:6月9日(金)、16日(金)、23日(金)、30日(金)、7月7日(金)、14日(金)、21日(金)
各回午後6時~(30分前後)

すべて、※要入館料 ※事前予約の必要はありません ※定員に達しましたら受付終了となります
A.~C. 直接、会場となる地下2階ホールへお越しください ※AとCは各回開始30分前より整理券を配布します
D.~E. 1階ロビーに集合してください
ホームページ
http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/173quay/
会場住所
〒150-0046
東京都渋谷区松濤2-14-14
交通案内
[電車]
京王井の頭線 神泉駅下車 徒歩5分

JR・東急電鉄・東京メトロ 渋谷駅下車 徒歩15分

[バス]
ハチ公バス
「松濤美術館入口」下車 徒歩2分
(丘を越えてルート/上原・富ヶ谷ルート)
「東大前」下車 徒歩2分
(丘を越えてルート/上原・富ヶ谷ルート)

東急バス
渋55「東大前」下車 徒歩2分

京王バス
渋60・61「東大前」下車 徒歩2分
渋60・61「東急百貨店本店前」下車 徒歩5分

都営バス
渋66「東急百貨店本店前」下車 徒歩5分

※駐車場はございません。
ホームページ
http://www.shoto-museum.jp/
東京都渋谷区松濤2-14-14
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索