タイトル等
北前船が伝えた華
雛祭古典人形展
会場
本間美術館
美術展覧会場・清遠閣
会期
2018-02-24~2018-04-02
休催日
12月~2月/火・水曜日(祝日の場合はその翌日)※その他の休館日は、お手数ですが本館までお問合せください。
開催時間
・4月~10月/午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・11月~3月/午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
観覧料
一般900円(810円)・学生400円(350円)・小・中学生無料
()内20名以上の団体料金
概要
美術展覧会場と清遠閤会場で、日本遺産にも認定された酒田市における北前船文化の象徴であり、構成文化財の一つでもある雛人形と古典人形をご紹介します
鶴岡の実業家・斎藤昌二氏が蒐集された京雛や御所人形、衣装人形など(白巽文庫コレクション)をはじめ、江戸時代の酒田三十六人衆に名を連ねていた白崎家や、鶴岡の豪商・風間家伝来の雛檀飾りなどを中心に展示。併せて、江戸時代の婚礼調度や吉祥文様の陶磁器もご覧いただけます。
イベント情報
田中館長と巡る本間美術館の古典人形の魅力
日時:3月3日(土) 午後2時~
場所:美術展覧会場 ※予約不要・参加には入館券が必要です(友の会会員は無料)。
ホームページ
http://www.homma-museum.or.jp/event/ai1ec_event-702/?instance_id=310
会場住所
〒998-0024
山形県酒田市御成町7-7
交通案内
羽越本線酒田駅下車、徒歩5分
庄内空港から庄内交通バス酒田駅行き(40分) 終点庄交バスターミナル下車 徒歩1分
ホームページ
http://www.homma-museum.or.jp
山形県酒田市御成町7-7
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索